北川景子がセフレモード!? 山下智久との切れない関係
拡大する(全1枚)
 明治大学の同窓生でドラマでの共演経験もあり、恋人関係にあった北川景子(25)と山下智久(27)が、破局したはずの今も密会を続けているという。二人は2009年秋に交際が発覚し、手をつないでデートする姿がたびたび目撃されていた。のみならず、都内の飲食店で二人きりで食事をしたり、整体にも一緒に通っているほどの仲の良さで「ゴールインも?」とささやかれたほどだ。翌夏にはお忍び京都旅行に出かけるなどし、11年に破局するまでジャニーズアイドルと人気若手女のカップルとは思えないほど様々な場所でイチャつく姿を撮られていた。

 破局後、山下はフランス人美女とのツーショットを撮られることが多くなり、昨年春には彼女と半同棲状態にもあると言われていた。自身の熱愛報道が掲載される週刊誌の発売日前日にも彼女とデートしており、今回もあまりの警戒心のなさから「本命か」と思われたが、この恋もすでに終了したようだ。北川は北川で、“恋多き魔性の女”の異名を持つ。山下との交際以前には俳優・木村了(23)やバレエダンサーの宮尾俊太郎(28)と付き合い、破局して以降も向井理(30)や細田よしひこ(24)とのデートが報じられている。

 そんな二人だが、実は今でも親しい関係にあるという。発売中の「週刊女性」では山下と北川が世田谷区三軒茶屋のダイニングバーを二人きりで訪れ、完全個室になっている2階の部屋で密会していたと伝えている。ところが山下にはまたも新恋人の一般人女性の存在があるようで、北川と“復縁”したわけではないそうだ。別れた後も友人として仲良くしているということなのだろうか?