24時間ランナー・佐々木健介に『殺人容疑』疑惑? 相撲だけじゃないプロレス界の“かわいがり”

24時間ランナー・佐々木健介に『殺人容疑』疑惑? 相撲だけじゃないプロレス界の“かわいがり”
 25~26日に放送される『24時間テレビ35 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の名物企画・チャリティーマラソン。今年はプロレスラーの佐々木健介一家がランナーに選ばれ、第1走者が健介(46)、第2走者が長男の健之介くん(13)、続いて次男の誠之介くん(9)、アンカーは妻で元女子プロレスラーの北斗晶(45)が務め、リレー形式で計120Kmの走破に挑む。

 視聴者を感動させること間違いなしの鉄板企画であるが、佐々木には24時間テレビの主旨にふさわしくない“17年前の殺人疑惑”が以前から取りざたされている。

 1995年1月26日、新日本プロレスの練習生だった当時22歳の権瓶広光さんが練習中に脳挫傷で倒れ、その4日後に死亡した。この現場でコーチを務めていたのは健介であり、事故の原因になった技を権瓶さんに仕掛けたのも彼だったといわれている。だが、レスラーが試合中やハードな練習によって重いダメージを受けて死亡するケースはまれにあり、この事件も警察の調べで事故として処理されている。

 ところが、これを「殺人事件」と断定する証言がある。

 それを証言した人物とは、日本でも活躍した米国のプロレスラー、クリス・ベノワ(故人)だ。彼は自伝『RING OF HELL』の中で「権瓶広光の殺人事件はプロレスの歴史の中でもおぞましさにおいて1、2を競うものだろう。殺人容疑者が罰せられることもなく、超のつくほどの有名人になっているのだからなおさらだ」と綴り、名指しはしていないものの健介を“殺人容疑者”として告発。殺人事件が隠蔽され、“事故”として処理されたと主張している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

佐々木健介のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る 2012年8月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「東尾理子」のニュース

次に読みたい関連記事「東尾理子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤聖羅」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤聖羅」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中尾彬」のニュース

次に読みたい関連記事「中尾彬」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。