小雪が「韓国で出産」を選んだ理由とは…ネット上ではあらぬウワサも

 女優の小雪(36)が、10日に第2子となる女児を韓国・ソウルで出産した。小雪の夫で俳優の松山ケンイチ(27)も出産に立ちあい、母子ともに健康だという。小雪は「これからは家族四人、力を合わせて楽しい家庭を築いていきたいと思います」と語っており、松山は「『うれしい』の一言に尽きます。それ以上の言葉が見つかりません」とコメントしている。

 昨年1月には第1子となる男児が生まれており、年子での出産となった小雪。一部では夫婦の不仲説が流れたこともあったが、それを完全に払拭したといえるだろう。だが、気になるのは日本ではなく韓国で出産したという点。芸能界でも異例中の異例といえるが、わざわざ韓国で出産する理由があったのだろうか。

「小雪はテレビ番組で韓国の産後調理院をリポートした際に感銘を受け、現地で出産したいと希望するようになったようです。調理(チョリ)とは韓国語で『養生』を意味し、この施設では出産後に2週間~1カ月にわたって24時間体制で看護師らのサポートを受けられます。授乳方法などのレクチャーや骨盤矯正なども受けられ、部屋はホテル並みの設備で居心地もバツグンです」(スポーツ紙記者)

 日本では5日~1週間程度入院するのが普通だが、韓国では2週間以上もゆっくりと母体を休めることができる専門の施設があるということのようだ。費用は平均的な施設の場合、2週間で10万円ほどとお高め。基本的にはセレブ向けのサービスとなっているが、日本人も全体の1割を占めるほどの利用者がいるという。


当時の記事を読む

小雪のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小雪」に関する記事

「小雪」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小雪」の記事

次に読みたい「小雪」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク