鈴木おさむ著作に噛みついたキンコン西野と内村光良の遺恨

鈴木おさむ著作に噛みついたキンコン西野と内村光良の遺恨
鈴木おさむ著作に噛みついたキンコン西野と内村光良の遺恨

 森三中大島美幸が、2月18日深夜放送のバラエティ番組『10匹のコブタちゃん』(フジテレビ系)で、キングコング西野亮廣に怒りを爆発させた。

キングコング西野な、お前な、全然面白くねーんだよ」
「お前の漫才で笑ったこともない。お前が(ネタを)書いてるそうだな」
「ツイッターを甘く見過ぎてるんだよ。お前の一言をちゃんとここで、ちゃんとゼロにしろ。誰も怒らないかもしれないけど、私は怒るよ」

 なかなか過激な発言だが、事の発端は、大島の夫である鈴木おさむの著書で、3月23日から映画も公開される『芸人交換日記~イエローハーツの物語~』(映画名は『ボクたちの交換日記』)に対して、西野がTwitter(ツイッター)で暴言を吐いたことにさかのぼる。

 西野は2月4日、ツイッターで「『芸人交換日記』なんて、ちっとも面白くないし、都合よく乗っかる芸人はもっと面白くないですね」とつぶやいた。これに鈴木おさむが「ぼくの書いた物はいくら批判してもいいですが、『都合よくのっかる芸人って誰のことを言ってるんですかね? この言い方は正直悲しいです』と応じると、すぐに謝罪した西野だったが、彼には他のユーザーからも多くの批判が浴びせられた。

 以前から、西野は数々のビッグマウスやネット住民を煽る発言を繰り返しているが、今回のツイートは業界内でも「度が過ぎた」と言われている。というのも、『芸人交換日記』は2011年と今年2月に舞台化されており、オードリー若林正恭(2011年)、雨上がり決死隊宮迫博之宮川大輔タカアンドトシネプチューン堀内健など、西野の先輩芸人たちが出演してきた。おまけに映画版は今や大御所芸人のウッチャンナンチャン・内村光良が監督しているのだ。西野が言い放った「都合よくのっかる芸人」というのが、特定の誰かを指すのかは明らかになっていないが、スポーツ紙の芸能記者は「内Pの恨みかなぁ」と指摘する。『内村プロデュース』(テレビ朝日系)とは、00~05年に放送された内村メインの人気深夜番組だ。


あわせて読みたい

鈴木おさむのプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「鈴木おさむ + Instagram」のおすすめ記事

「鈴木おさむ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「鈴木おさむ + twitter」のおすすめ記事

「鈴木おさむ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「東原亜希」のニュース

次に読みたい関連記事「東原亜希」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 鈴木おさむ Instagram
  2. 鈴木おさむ twitter

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。