隠し子発覚は「闇のものの陰謀」山本太郎と支持者のトンデモ論に批判と嘲笑

山本は「この先出て来るネガティブ記事は捏造や歪曲でしかないと断言出来る程です」とまで語り、隠し子がバレたという自らの失態は棚に上げて「つまらないネガティブキャンペーンに時間を割く余裕は全くないのです」などと記している。本当に「大きな力」が動いた結果が今回のスキャンダルだったのだろうか。

「山本は元タレントで言動も過激な一年生議員。マスコミの注目度も高く、スキャンダルを狙われるのは当たり前です。元々周辺にトラブルが多くてワキが甘いところがありますし、身辺を探っているうちに隠し子なんて絶好のネタが浮かび上がれば、ゴシップ系の記者たちはどんなことをしてでもスクープしますよ。別に山本が反原発派だからゴシップを書かれているわけではないのに、彼は一体何を勘違いしているのか…」(週刊誌記者)

「山本太郎 + twitter」のおすすめ記事

勘違いというよりも、意図的に今回のような陰謀論めいた言動を繰り返しているようにも思える山本。不利な情報はすべて「反対勢力によるバッシング」と斬り捨て、自らは子どもの未来のために闘う議員というイメージに酔うお粗末な態度は、本当に国政を担う資格があるのか疑問が沸いてくるほどだ。

だが、山本の言動を盲目的に擁護する支持者もおり、Twitterなどでトンデモ論をぶちまけている。あるネットユーザーは「山本太郎さんが日本国中からも世界中からもバッシングを受けようと、彼の本質を知る限り私は彼の味方です。闇のもの達のあげあしやネガティブなニュースに揺さぶられて分離の方向に思考させられたら、あいつらの思うツボなんだと気付いて欲しい」と主張。それに追随するように他の支持者たちも「原発推進派が山本太郎を潰そうとしている」「理屈じゃ太刀打ちできないから人格攻撃か」「逆に彼の正しさが証明された」などと擁護。さらには山本氏が共産党と連携するかのような言動をとっていることから「これは共産党に色目を使う政治家たちへの『見せしめ』だ」「戦後の混乱期にも社会主義勢力への弾圧があった」「山本を潰そうとしているのはアメリカだ」などと飛躍し過ぎな擁護論も上がっている。


あわせて読みたい

山本太郎のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 山本太郎 twitter

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。