※画像:田中聖

 ジャニーズ事務所から「度重なるルール違反行為」によって専属契約を解除された元KAT-TUNの田中聖(27)。具体的な理由は、事務所に無断で飲食店経営や彫り師としての副業、イベント主催をしていたことや、タトゥー、女性問題などとされ、月刊誌「実話ナックルズ」(ミリオン出版)に掲載された“局部写真”が決定打になったといわれている。

 同誌に掲載された写真は、下半身は剃毛されヘソの下にタトゥーが入り、陰茎には真珠代わりのシリコンボールが入っており、爽やかさが命のジャニタレには似つかわしくないものだった。この局部写真の出どころについて、東京スポーツは「ネタ元は元AV女優の倖田梨紗」であると報じている。

 記事によると、かつて田中と倖田は交際していたこともあったが、二度の覚せい剤事件によって倖田は収監。一昨年3月に出所し、六本木のキャバクラで働いていたところに田中が現れ、ケータイのアドレスを交換するとし「セックスしようぜ」と自慢の局部の写メを送ってきたという。倖田がその写メを知人や店の客に見せたり、LINEで転送していたりしていたため、局部写真が広まってしまったというのだ。

 この記事について、倖田は自身のTwitterで「ちげーわ」と否定。具体的にどう記事が違っているのかは記さなかったものの、フォロワーのコメントに対して「東スポまぢ無理www」「うけるよねw」などと答え、ガセネタであると主張している。