CD売り上げ1,471枚「オワコン」と呼ばれても…“憂鬱”と決別した平野綾

CD売り上げ1,471枚「オワコン」と呼ばれても…“憂鬱”と決別した平野綾
CD売り上げ1,471枚「オワコン」と呼ばれても…“憂鬱”と決別した平野綾
       
※イメージ画像:平野綾公式サイト

 今月9日に、自身12枚目のシングル「Promise」(ユニバーサルミュージック)をリリースした声優の平野綾(26)。発売1週間となる16日、オリコンチャートの同シングルの初週売上が1,471枚、ランキングも36位に留まったことが明らかになった。

 発売前はあまり話題にならなかった同シングルだが、オリコンチャートの順位が発表されると、インターネット上の掲示板などには「あーや終わったな」といったような声が多数寄せられた。そんな声を受けてか、平野はブログで

「順位とか枚数で何か言う人もいるみたいですが、今でも充分凄いことだと思うんです。これが今の私です。負け惜しみとかではなく、手にして聞いてくださった方に感謝が伝わればそれで良いので」(原文ママ)

 と心情を吐露。予防線を張ったつもりかわからないが、「負け惜しみ」という言葉を使うことにより、1,471枚という売上が「負け」であることを暗に認める形となった。

 平野の歌手活動といえば、2006年に主役を演じたアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』(東京MXなど)の主題歌「冒険でしょでしょ?」(ランティス)が、当時のアニメソングとしては異例の初週1万枚オーバーというヒット作になった。その後も「ハルヒ」役で手にしたカリスマ的な人気で、平均して初週1万枚程度の作品を次々とリリース。

 そんな平野の「アイドル声優」としての順調な活動に水を差したのが、2010年に『グータンヌーボ』(フジテレビ系)で見せた「恋バナ騒動」だ。過去の恋愛について話したことによって、“処女”に特別な感情を抱くアニメファン層からは総スカンをくらうハメに。平野のCDやDVDを真っぷたつに割った画像がネットに投稿されたり、Wikipediaの彼女の項目に「殺害予告」が書き込まれるなど、ひどい「手のひら返し」に遭うこととなった。


あわせて読みたい

平野綾のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「平野綾」に関する記事

「平野綾」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「平野綾」の記事

次に読みたい「平野綾」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 平野綾 Instagram
  2. 平野綾 事故
  3. 平野綾 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。