暴行疑惑まで噴出…「カーヴィーダンス」樫木裕実のウラの顔

※イメージ画像:『かがやきの方程式 樫木裕実のスマイルカーヴィー~いっしょに笑ってキレイになる!最新オリジナルプログラム~』ポニーキャニオン

 「カーヴィーダンス」でブレイクしたボディメイクトレーナー・樫木裕実(50)のスタジオ閉鎖騒動が波紋を広げている。樫木とオーナーサイドの言い分が真っ向から食い違い、過去に樫木がスタッフに暴行を働いた疑惑まで浮上するなど泥沼の様相を呈しているようだ。

 事の発端は、先月29日発売の「女性自身」(光文社)がスタジオ閉鎖をスクープしたことだった。同誌によると、樫木はタレント・ヒロミ(48)が経営するトレーニングジムから独立し、自身のプロデュースで昨年12月に東京・中目黒のスタジオ「カーヴィーグランド」をオープン。ところが、今年12月でのスタジオ閉鎖が突然決まり、会員や50人あまりのスタッフが困惑。主な理由は経営不振とされ、同スタジオを経営する女性オーナーが12月9日付の撤退を決定したという。

「樫木さんのスタジオとして、多数の有名芸能人が指導を受ける様子などがブログに綴られていました。樫木さんの直接指導が受けられると人気を集めたのですが、実際は一般会員は弟子のトレーナーの指導しか受けられず、樫木さんが直接レッスンするのは芸能人会員だけ。結果、一般会員が大量に離れてしまったうえに、闇雲にあちこちから引き抜いたトレーナーの人件費も経営を圧迫し、閉鎖に至ったようです。オーナー側は、樫木さんの経営力のなさが破綻の原因だと考えているようですね」(週刊誌記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク