氷川きよし、恐喝トラブルで明るみになった松村雄基との“継続愛”

氷川きよし、恐喝トラブルで明るみになった松村雄基との“継続愛”
氷川きよし、恐喝トラブルで明るみになった松村雄基との“継続愛”
※イメージ画像:『氷川きよしの昭和の演歌名曲集』日本コロムビア

 「演歌界のプリンス」こと歌手・氷川きよし(36)の周辺が騒がしくなっている。発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が「氷川きよしの『ホモセクハラ』『暴力』『創価学会強要』地獄」と題した記事を掲載し、そこで元マネジャー男性が氷川から性的嫌がらせや暴力行為、創価学会への勧誘などを受けたと告白したのだ。さらに、氷川がバイセクシャル(両性愛者)であるとのエピソードも生々しく語っている。

 記事によると、元マネジャーは昨年10月に氷川の所属する長良プロダクションに入社。今年1月から氷川の担当になり、主に運転手役と身の回りの世話をしていた。だが、元マネジャーは掃除の際などに「自宅では女性物のTシャツにピンクのショートパンツ」という氷川の服装に違和感を抱き、女性用のパンティやシャネルの基礎化粧品がそろえられていることに衝撃を受けたという。

 これだけなら個人の趣味なのでとやかく言うことではないが、氷川は「オトコに興味ある?」「ねえ、モノは大きいの? ムケてるの?」「オナニーは何で抜くの?」「サオが大きい方がいいよねえ」と元マネジャーに日常的にささやくなど“セクハラ”行為に及んでいたという。さらに、元マネジャーは氷川が逗子の別荘で“恋人”と密会する様子も目撃。同誌も4月19日に別荘での密会を確認しており、そのお相手は2010年に“お泊り愛”をスクープされたこともあった俳優の松村雄基(50)だという。


あわせて読みたい

メンズサイゾーの記事をもっと見る 2014年5月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら