石原真理、ブログでローラ・さんまを罵倒...かつての人気女優を壊したオトコの因果

 元祖プッツン女と呼ばれる女優の石原真理(50)が、自身のブログでモデルのローラ(24)を「整形キツネ」などと罵倒したことが話題になっている。かねてからブログでの不思議な言動が一部で注目されていた石原だが、ここ最近は人気芸能人に噛み付くことが増えており、ネット上では「病気なのでは...」といった心配の声も上がっている。

 石原は15日付の自身のブログで「私の真似をしている整形キツネの芸名ローラが化粧品のCMに本性を隠して出ている」と主張。続けて「犯罪家族のくせに何故平気で電波に乗れて厚顔無恥でいられるのか本当に腹立たしく」「整形詐欺生意気タメ口馬鹿嘘ばかりローラの正体を、今度写真付きで皆さんに教えて上げます」などと綴り、ローラの家族関係なども含めて罵詈雑言を書き連ねた。

 石原は先月22日付のブログでも、彼女に「プッツン女優」と命名した明石家さんま(59)に「私の貴重な人格と人生が 非常に長期間に渡り 大迷惑な名誉毀損と人権侵害、つきまとわれストーカー被害に遭い続けてきているのです!」「今すぐに私に要謝罪。タカフミさんま、自分のためにもね。」などと突如謝罪を要求。さらに今月8日付のブログでは「ところで松本仁志さん、私に難破されたなどという虚言をスポーツ紙に平気で話すのも充分下衆なのですが。それはどう 落とし前をつけるつもりで???あ??」(原文ママ)などと、ダウンタウン松本人志(51)に噛み付いている。

 芸能人に対する攻撃だけでなく、石原のブログは一般人に理解しがたい記述であふれている。過去には「私は神にスカウトされたのだ」「アメリカは悪魔崇拝の国」などと記し、昨年11月には「世の中に地球に覚醒をもたらそうとする優れた天使もいます。何を隠そう私はその一人なのですが。だからこの世が終わるとき、私が終わる時は良い宇宙人・および天使である私の仲間が迎えに来てくれるのです」などと、自分が「天使」であるとの衝撃的な記述もしている。

 さらに同年11月11日に来日した元ビートルズのポール・マッカートニーに触れて「11は悪魔の数字」「ポールさん、薄々感じてはいましたが、ここまで日本国民に挑戦を仕掛けるようなお方だとは思いませんでした」と主張し、ポールの来日に何らかの陰謀が隠されていることを示唆したこともあった。

 また、石原はネット検索やブログサービスに不信感を抱いている。彼女は過去に「私の検索数は、桁数ごと操作細工され、今も昔も応援下さりご自分のブログやコメントに応援を書いて下さっている良い内容は表に出て来にくくなっているようだと聞きます」「写真掲載なども、選ぶ段階で私らしくないもので、私を知る人はあまりの写真映りの悪さに驚くほど」「写真検索でもそのようなものが全面に出るように多分工作しているのでしょう」などと主張。ブログに掲載した画像や入力した文字も、勝手に小さくなったり消されたりしていると綴っている。

 被害妄想なのではないかと心配したくなる記述が目立っているが、なぜ彼女はこのような状態になってしまったのだろうか。

「もともと"プッツン"と呼ばれるほどユニークな性格ではありましたが、以前はここまでの状態ではなかった。彼女は大きく変わってしまったのは、09年の玉置浩二との復縁からの破局。石原は傷つきながらも再復縁を望んでいたが、翌年すぐに玉置が青田典子結婚したことで精神状態が極度に悪化してしまった。元をただせば、石原が少しずつ異常性を帯びてきたのも、DVまみれだった玉置との最初の交際が大きなきっかけ。それだけでなく、芸能界きっての美人ということで玉置以外の業界人や芸能人にもいいように利用され、その精神的ダメージが蓄積されていったともいえます。ある意味、芸能界の暗部の被害者ともいえますね」(芸能関係者)

 石原は玉置との復縁について「奇跡」と表現し、彼が結婚した後も「本当の復縁とはどういうものなのか、いずれ見ることでしょう」と未練をのぞかせていた。それが叶わないという現実によって、彼女の混乱に拍車が掛かった可能性もある。

 その現実から目をそらすかのようにフィリピンで事業を興した石原だが、週刊誌報道によると事業は失敗。昨年、お金が底を尽いて80代の母親が暮らす下町の都営住宅に戻ったというが、母親とは折り合いが悪いらしく「殺されるー!」と叫びながら母親が裸足で家から飛び出してきたとの目撃情報もあったという。この報道を石原は否定しているが、まったく芸能活動らしい活動をしていない現状を考えても、決して経済状態は良好とはいえないのは容易に想像がつく。

 開設当初は月間で10回に満たない更新数だった件のブログも、精神状態が悪化するのと比例するように更新が増加し、ここ数年は月に40~70回以上も更新されるようになった。まるでブログで「世の中の真実」を説くことに依存してしまっているかのようだ。

 ブログの記述を面白がる風潮もあるが、もはや笑っていられる状況ではないだろう。芸能界に翻弄され、そのまま見捨てられてしまったともいえる石原。その責任を少しでも感じる者がいるのならば、早く手を差し伸べてあげなければ手遅れになってしまいそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク