童顔なのに潔い脱ぎっぷり! 注目のカメレオン女優・桜木梨奈の"女優魂"に脱帽!!

童顔なのに潔い脱ぎっぷり! 注目のカメレオン女優・桜木梨奈の"女優魂"に脱帽!!
童顔なのに潔い脱ぎっぷり! 注目のカメレオン女優・桜木梨奈の"女優魂"に脱帽!!

 今年はい女優たちの潔い脱ぎっぷりが目立つ。『愛の渦』(三浦大輔監督)では門脇麦、『2つ目の窓』(河瀬直美監督)では吉永淳、『TOKYO TRIBE』(園子温監督)では清野菜名、そして『海を感じる時』(安藤尋監督)ではあの市川由衣までが大胆なヌードを披露しているのである。

 ひと昔前までは、CM出演の際のクライアントの目などを気にしてヌードNGな女優が多かったが、10代や20代の若いうちから高いプロ意識を持ち、作品の中で必要ならばヌードも激しい濡れ場も厭わない、という気概のある女優たちが増えている。

 しかし、そんなムーブメントが興る前から、思い切りよく脱いでいる若手女優がいる。今年3月公開の『花と蛇 ZERO』(橋本一監督)で緊縛の魅力に目覚める若妻を演じて注目を浴びた、木梨奈だ。

 デビュー作にして初主演作である『耳をかく女』(2012年/堀内博志監督)から、立て続けに脱ぎまくっている彼女。セクシー女優ではないのに、ここまで脱いでいる女優も珍しい。

 その桜木が、得意なダンスによって新たな魅力を開花させた作品『LAST LOVE愛人』(石川均監督)が、今年の10月に公開される。

 さまざまな愛のかたちについて、6人の監督がメガホンを取る恋愛映画シリーズ「ラブストリーズ」の第3弾となる本作では、火野正平演じる、ギタリストとして成功する夢を諦めた独身の中年男・岩田と、桜木演じる、双極性障害を煩いながらも奔放に生きるダンサーのユミが、互いに内に秘めた情熱や欲望を共鳴させながら寄り添い、独特の愛のかたちを展開していく。

 岩田が奏でるギターの音色に乗せて情熱的に舞うユミの姿には、これまで桜木が見せたことのない、"新たな体"があった。

 新境地を開いた桜木梨奈は、これからどのように進化していくのか。彼女に、女優としてのこれまでとこれからについて語ってもらった。

■自分はセクシーだと思わない

──桜木さんはデビュー作から、注目を集めた『花と蛇 ZERO』、そして最新作『LAST LOVE/愛人』(以下、『愛人』)まで、自慰やフルヌード、緊縛などなど、かなり体当たりな演技を要求されていますが、脱ぐことや過激なシーンに抵抗はなかったのでしょうか?

まったくないです。最初に台本を読んだ時からヌードシーンがあることは承知していましたし、どの作品においても、その女の子の生活の一部としてそういったシーンがあるだけなので。基本的にどんな作品でも、常に"体当たり"はしているので(笑)、"脱いだり、吊るされたりしているから体当たり"とは思ってないんです。

──なるほど、ストーリーの中で必然であれば、抵抗はないということですね。若いのに、肝が据わっていますね。これまで演じた役から、セクシーなイメージを持たれることが多いんじゃないですか? 変わった性癖を持っていそう、とか(笑)。

それはないですけど(笑)、自分は色気がないと思ってるんです。『甘い鞭』(2013年/石井隆監督)という作品で共演した間宮夕貴ちゃんや壇密さん、杉本彩さんをはじめとする『花と蛇』シリーズの歴代の出演者の方々は、本当に色気があってセクシーで、男性から見ても「うわ~この女とヤリたい」って思わせるものがあると思うんですけど、自分を見ていると、「こいつとはヤリたくないわ!」って思います(笑)。

──そりゃあ、誰だって自分とはヤリたくないですよ(笑)! でも、たしかに、桜木さんからは色気は感じますが、何というか、"女の邪気"のようなものは感じない気がします。『愛人』の中でユミは頼りたい男性に「パパァ~」と甘い声ですり寄りますが、ふつう、同性からするとイラっとするんですけど、桜木さんが演じるユミには、女性ながらキュンとしてしまいました。桜木さんには、性を越えた純粋な可愛さがありますよね。

やった! ありがとうございます。あ、これ喜んでいいのかな(笑)?

■初仕事は"ヌーブラ・ダンサー"

──作品を選ぶ時の基準みたいなものはあるんですか?

台本を読ませていただいて面白いなって思ったり、役に勝手に運命を感じて、ビリビリって電気が走る感覚がある時に、「ああ、この役やりたい!」ってなります。そういう時に受けると、だいたい受かるんです。

──今回の『愛人』のユミ役もビリビリきたんですか?

今回の役は、実はビリビリ系ではなく、ストーリーが本当に素敵だなと思ったんです。子供の頃、ディズニー映画『ノートルダムの鐘』(1996年/ゲイリーとルースデール監督)に登場する踊り子のエスメラルダに憧れていたんですけど、奔放なダンサーのユミは、どこかエスメラルダと重なるところがあって惹かれたんです。

──桜木さんも女優の前はダンサーだったんですよね?

ダンサーというか、趣味でやっていただけなんです。ダンサーを目指したこともありましたけど、実力がなくて諦めました。でも、女優として事務所に所属することが決まって上京した時に初めていただいた仕事が、映画の中のバックダンサーだったんです。ある意味、夢が叶ったのでありがたかったです。

──ご出演歴に『中学生円山』(2013年、宮藤官九郎監督)もありますが、そのバックダンサーの仕事って、もしかして同作の妄想シーンで登場する"ヌーブラ・ダンサー"(女性たちがヌーブラとパンツだけ身につけて主人公を取り囲んで踊る)ですか?

はい、それです! デビュー作に出る前、経験を積むために出させていただいたんです。監督の奥さんの八反田リコさんが振付けを担当されたんですけど、「腰の動きがいいから、このコのお尻をアップで」って言われて、一番目立っちゃいました(笑)。

(その時の振りを踊る桜木さん)

──たしかに、腰にキレがありますね(笑)! いろいろな仕事を経験されているんですね。演技経験は、最初に主演された『耳をかく女』が初めてだったんですか?

映像での演技はその作品が初めてです。映画出演の1年前に、小劇場で時代劇系の舞台をやらせていただいたこともあったんですけど、芝居がどういうものかなんて、正直、その時は分かってなかったと思います。

──時代劇系の舞台というと、どういったものですか?

新撰組が好きなんですけど、その劇団がよく新撰組系の作品をやっていて、たまたまオーディション雑誌を見ていたら募集していたので受けてみたんです。どうしても沖田総司がやりたくて...。

──沖田総司、意外ですね(笑)! そこから桜木さんの演技人生は始まったわけですね。

■火野正平さんとなら、アリ!?

──ユミに翻弄される岩田を演じた火野正平さんとは、初めての共演だったと思いますが、印象はどうでしたか?

気取らず、でも、ただそこにいるだけで存在感がある。偉そうじゃないし、むしろ気さくで、本当に優しい人でした。いろんな女優さんが火野さんに恋をした気持ちがすごく分かります。本当にかっこよかったです!

──昔は「握手するだけで妊娠する」って言われてましたからね(笑)。やはり、男としての色気を感じましたか?

はい、すごくセクシーな方です。年齢が障害にならないっていうか......。

──実際、何歳違いなんですか?

40近く違いますね。

──約40歳差! 父親より上ですよね...。映画の中では火野さんと男女の仲になるわけですが、それぐらい年の離れた男性との恋愛もアリだと思いますか? まあ、60歳過ぎて火野さんくらいセクシーな男性はそうそういませんけど(笑)。

はい、アリかなって思います。もちろん、人によりけりですけど(笑)。

──桜木さんは火野さんのことが以前から大好きだったと、あるインタビューで読んだのですが。

はい、小さい頃から祖父と一緒に『必殺シリーズ』(『必殺仕事人』に始まる一連のテレビシリーズ)を見ていたので。『必殺』のキャラクターはみんな好きなんですけど、火野さんは「うわっ、可愛い人だな~」って思ったんです。

──え、子供なのに40以上年上のオジサンが可愛く見えたんですか(笑)?

はい。子供なのに「可愛い~」って思って見てました。

──大好きな俳優、それもいろいろな女優を見てきた経験豊かな俳優の前で演技するのは、うれしい反面、恐くなかったですか?

はい。最初は、一般人だった時の私と、俳優の私がごちゃ混ぜになった、よくない緊張がありました。「え、これは夢? 現実? どっち?」みたいな(笑)。でも、火野さんが私の緊張を何気なく、ほぐしてくれたんです。

──たとえば、どのように?

外のロケで、シロツメクサがたくさん咲いているところがあったんですけど、よく火野さんは草むらで昼寝をしていました(笑)。ある時、そこで四葉のクローバーを見つけて、私にくれたんです。もう、それだけでうれしくて!

──さすがモテ男ですね~! 女性が何をされるとうれしいか、分かっているんですね。

■年齢不詳のカメレオン女優

──桜木さんはアイドルのようなルックスをお持ちですが、アイドル路線の話もあったんじゃないですか?

いやいや、可愛いコなんていくらでもいますし、私、アイドル向きじゃないんです。なんか、「うふ(ハートマーク)」みたいなのができなくて、やっても「痒い~」ってなっちゃうんです(笑)。

──それは意外ですね(笑)。直接お会いすると、若い、というか幼く見えますよね。映画の中で騎乗位をしていたコと同一人物には見えないですよ(笑)。

アハハ、よく言われます(笑)。

──なんというか、年齢不詳です。限りなく、下にも上にもなれそう。

そう言っていただけるのはうれしいです。何歳になっても、年齢がどこまでも下、どこまでも上に見られる演技が出来るにようになりたいです。

──役ごとに、全然印象が違いますよね。ファンのあいだでも「カメレオン女優」と言われているようですが、役づくりはかなり努力されているんじゃないですか?

う~ん、あまり考えてないんですけど、いただいた役の生活はどんなだろうって、その人の生活を撮影前に辿ってみたりはします。

──考えるよりも体験して感覚を掴むのが、なんだかダンサーっぽいですね。今回の作品でいうと、どのような生活をされたんですか?

「双極性障害」(旧称:躁鬱病)の女性の役だったので、まずその病気について勉強するところから始めました。友達の薬剤師に薬について聞いたり、YouTubeに上がっていた患者さんたちが集まる座談会の映像を見たり。その後は、ひたすら自堕落な生活を送りました。実際の患者さんのように、一日中、何もしないんです。

──自堕落な生活を送ると、昼夜逆転したりして、自律神経が狂いそうですよね。実際にやってみて、いかがでしたか?

はい、とにかく眠いんです(笑)。患者さんたちの多くは、やりたいことはあるんだけど、体がダルくてそれに向かう気力がない、湧かないっていう鬱状態にあるみたいなんです。目は開いているんだけど、体は動かない。思考も止まっていく。私も段々そういう状態になっちゃって、セリフを覚えるのに苦労しました。セリフを覚えてからやればよかったなって後悔しました(笑)。

■ダンスも、芝居も、セックスも同じ

──それは完全に順番を間違えましたね(笑)。しかし、主人公のユミは無気力でダルい一方、ダンサーとして指の先まで神経を使って動かす一面もある。"動かない体"と"動き過ぎる体"という両極端なものを演じるのは大変だったんじゃないですか?

そうですね、あんまり考えながら動くのも良くないと思ったんですけど、ユミのその時々の状態によって変化をつけないといけないので、難しかったですね。ダンスを踊る時は、もともとダンスが好きだったから「好きにやればいいや」っていう感覚でやってましたけど。

──ギターの曲調に合わせて、フラメンコのような振りが多用されていましたが、振付けはご自分でされたんですか?

いえ、鈴木さんという女優さんが振付けされたんですけど、自由にやっていいとて言ってくださったので、ベースは鈴木さんの振りで、空いているカウントは自由に踊っていました。でも、私はもともとヒップホップとかストリート系のダンスしか経験がなかったので、最初はかなり苦労しました。今回出演している俳優さんたちに劇団四季出身の方々が多かったので、皆さんに教えてもらえたのがありがたかったです。

──周りが劇団四季出身だと、それはそれでやりづらそうですね(笑)。でも、ユミがダンサーだということは、日常の何気ない動きの端々にも現れていましたね。ダンスのシーン以上に、この人がダンサーなんだっていう説得力を感じました。

気づいていただけてうれしいです! 監督から、日常の動きの中でもダンサーだということをチラチラさせてほしいと言われたので、自分なりに考えて、ここかな、と思う瞬間にそういう動きを入れてみました。すごく地味なんですけど、バレエっぽく八の字に足を開いて歩いたり。

──『愛人』の中では、そういった監督の"狙い"のようなものがいくつか見受けられますよね。岩田が『白鯨』を読んでいたり。一番ハッとしたのは、恋人同士であるはずの岩田とユミのセックスシーンが一切ないこと。

はい、そうなんです。その方が、想像を掻き立てられますよね。

──その一方で、筋肉質な若い男性とは濃厚なセックスシーンがありましたよね。とても自然な感じでやられていましたが、そういうシーンの時は"普段どおりにやる"みたいな感じなんですか?

え~と、そんなに勉強したことがないので、あんまり考えずにやりました(笑)。ただ、一点だけ監督からお願いされたことがあって。男性が上になっている時に、自分の足を高く上げてから男性の腰に絡める動きがあるんですけど、それだけは絶対やってほしいと言われました。

──まるで踊るように足を動かしてセックスしていましたよね。岩田とユミがギターとダンスでセッションをするシーンがありますが、それもある意味、セックスのように見えるというか。監督があえて岩田とユミのセックスシーンを見せなかったのも、そのセッションがセックスと同じ意味を持つことを伝えたかったからのように見えました。

はい、まさにそうだと思います。ダンスをやっていた時、生の演奏に合わせて踊ったことがあるんですけど、その時も高揚感がスゴくて。今回、火野さんと向き合って踊った時も本当に交わっているような感覚で、恍惚とした気分になりました。ダンスだけじゃなく、お芝居でも、そういう瞬間はあると思います。

──演じる時のエネルギーも相当なものがありそうですよね。劇中で恋人役の人を実際に好きになる事例がよくあるのもうなずけます。

そうですね。「演じる」というのは、本来自分ではないものになるということですけど、自分ではない、ということを忘れて役に没頭できる、そんな女優になりたいと思います。

■目標はハリウッド進出!

──今後はどんな作品に出てみたいですか? 桜木さんはコメディとかも似合いそうですよね。

私の中で『花と蛇 ZERO』はコメディだったんですけど(笑)、面白かったので、本格的なコメディ作品にも是非やってみたいですね。あと、自分の人生の大きな目標として、ハリウッド映画に出る、というのを上京した時からずっと掲げています。

──おお、ハリウッドですか!

はい、夢はデッカく! あ、「夢」って言っちゃいけないですね(笑)。

──あはは(笑)。この監督の作品に出たい、というのはありますか?

日本の監督だったら、北野武さんの作品に出たいです。女性があまり出てこないんですけど、ワンシーンでもいいから出てみたい。ワガママを言えば、『アウトレイジ』のようなバイオレンス作品に出た後、自分が3、40代くらいの歳になった時に、『菊次郎の夏』のような作品に、おせっかいな近所のオバサン役で出てみたいです。そのオバサンが武さんにちょっかいを出しちゃったりするんです(笑)。

──かなり具体的ですね(笑)。ハリウッド映画だと、どういった作品がお好きなんですか?

『ジュラシックパーク』です。

──意外にどメジャーですね(笑)。

子供の頃に観た印象が強く残ってるんです。そんなインパクトのある映画に出たいんです。『ショーシャンクの空に』みたいな、"人間"が描かれている作品に
も出てみたい。これから色々な作品に出会って、見て下さる方にもっともっと観たい! って応援してもらえるよう、頑張りたいと思います!
(取材・文=辻枝里/写真=折居洋)

<作品情報>
10月4日(土)より新宿K's cinemaにてレイトショー
ラブストーリーズvol.3「LAST LOVE/愛人」
※初日舞台挨拶あり

■桜木梨奈の"咲楽の木"BLOG(http://ameblo.jp/dawawj/)
■ラブストーリーズ公式サイト(http://www.lovestories.jp/)
■新宿K's cinema(http://www.ks-cinema.com/)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 門脇麦 Instagram
  2. 門脇麦 小松菜奈
  3. 門脇麦 映画
門脇麦のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る 2014年9月30日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「門脇麦 + Instagram」のおすすめ記事

「門脇麦 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「門脇麦 + 小松菜奈」のおすすめ記事

「門脇麦 + 小松菜奈」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「石田ゆり子」のニュース

次に読みたい関連記事「石田ゆり子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら