女優デビューのMALIA.、近年ささやかれる"モデルは女優に向いていない説"を覆せるか

 モデルでタレントのMALIA.(32)が、女優デビューをすることがわかった。

 MALIA.のデビュー作となるのは、日本テレビと動画配信サービス『hulu』の共同製作による唐沢寿明(52)主演の連続ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』。その作中、MALIA.は3Dプリンター銃の密売をする組織の敏腕女スナイパー・桐島レイカに扮する。すでにドラマは放送されており、彼女が登場するのは7月3日から配信される第4話と翌週10日の第5話とのこと。公式サイト上では、黒のタイトなボディスーツを着こなし、銃をかまえた彼女のビジュアルが披露されている。

 MALIA.といえば、これまでに3回の"アスリート婚"をしていることで知られ、ここのところ『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)や『サンデー・ジャポン』(TBS系)をはじめとしたバラエティ番組で見かける機会が急増。その際、今年元旦に入籍したJリーガー・佐藤優平選手(24)や前夫の山本"KID"徳郁(38)との結婚生活や、前々夫・前夫との間にできた3人の子供について明かしてきた。ただ、話の内容が「(佐藤選手とは)毎日デートを重ねて、最後、我慢ができなくなったところで付き合った」「長男が小5のとき、林間学校の前に『もし何かあったらいけない』と思ってコンドームの使い方を教えた」など、あけすけで過激なことも多いために視聴者からは「いくらなんでも暴露しすぎ」「子どもの教育によくないのでは」と否定的な声も聞かれる。

 しかし、今回の女優デビューに関しては「ボディスーツ似合いすぎ」「かっこいい」と期待の声も。抜群のルックスをドラマの中で見たいと思うファンも多いようだ。しかしその一方では、「モデルだけにしといた方がいいのでは」「あの声は役者には向かないような...」との指摘もある。モデルから始まり、タレント、そして女優デビューと活躍の幅を広げる彼女だが、今回の試みはどう転ぶのか。

「芸能界にモデル出身の女優はたくさんおり、その中でも米倉涼子(39)さんや杏さん(29)、榮倉奈々さん(27)などはシフトチェンジに成功したケースでしょう。しかし、佐々木希さん(27)や本田翼さん(23)といった方々は女優業を始めてからは、『セリフが棒読み』『モデルだけに専念してほしい』との声が絶えず、主演に抜擢されることも多いものの、女優としての立ち位置を確立したとは言い難いのが現状です。そうしたこともあって、ここ数年"モデルは女優に向いていない説"がささやかれています。

 かつては蛯原友里さん(35)もドラマに出演していましたが、演技に酷評が相次いだせいか、近年ではモデル業に専念するようになりました。もちろん人によって向き・不向きはあるでしょうが、MALIA.さんには今回の女優デビューでその説を覆してほしいものですね。ハーフっぽさが強く個性的ともいえるルックスなので、演じられる役は限られるかもしれませんが、今回の女スナイパー役など一癖ある役はハマりそうです」(芸能ライター)

 女優デビューについて「正直かなりびっくりしました」と素直な気持ちを明かしているMALIA.。さらに彼女は何もかもが初めてだったという撮影を振り返りながら、「楽しかった」「チャンスがあればまた挑戦してみたい」と女優業に意欲的なコメントを残している。新婚生活に子育て、そしてモデル・タレントとしての活動と、公私ともに充実している彼女だが、女優として魅力が開花するようなことになれば、ますます忙しくなりそうだ。
(文=サ乙)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

唐沢寿明のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「唐沢寿明」に関する記事

「唐沢寿明」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「唐沢寿明」の記事

次に読みたい「唐沢寿明」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク