俳優・松山ケンイチ(30)が主演するドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)の第1話が11日に放送され、平均視聴率が13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日にわかった。

 同作はアニメ化もされた同名コミックを原作に、その16年後の世界を描くオリジナルストーリー。30歳を過ぎても働かずにブラブラしている「ダメ男」になってしまった主人公・ひろしを松山が演じ、Tシャツに張り付いた「平面ガエル」こと相棒のピョン吉はCGで再現されている。

 当初は「無謀な実写化」「原作レイプ確定」などと批判が集中していたが、初回の放送が終わると視聴者の評価は一変。「思ったよりも面白かった」「松山のクズ男ぶりが良い」「神ドラマの予感する」などと絶賛が相次いでいる。特に松山をはじめとしたキャストのハマりぶりが好評となっているが、最大の称賛を集めているのはピョン吉の声を担当する女優の満島ひかり(29)だ。

 開始前は原作のイメージと違ったピョン吉になってしまうことが危惧されていたが、満島はアニメ版の「完コピ」演技を実現。ピョン吉のCG再現度が非常に高かったことも相まって、原作のイメージを全く損なわないデキとなっていた。これを目にした視聴者からは、満島をたたえる以下のような声が上がっている。

「ピョン吉が上手すぎる!」
「満島ひかりが予想以上にハマってた」
「ピョン吉が出てるシーンは無条件で面白いな」
「満島ひかりを選んだ奴は偉い」
「泣ける展開になりそうだけど満島の演技なら期待できる」

 満島といえば09年の映画『愛のむきだし』をきっかけに女優としてブレイクし、テレビドラマや舞台などでも活躍。その卓越した演技力は「手ナンバーワン」と評され、一昨年に放送されたドラマ『Woman』(日本テレビ系)では次々と不幸に見舞われるシングルマザー役があまりに迫真だったために「演技が上手すぎて見てると辛い」と前代未聞の苦情が発生した。さらに、今年1月には「週刊現代」(講談社)の企画『いま日本で「本当にうまい役者」女優編ベスト50』で1位に選ばれている。異論をはさむ余地のない女優としての実力が、声優としても発揮されたといえるだろう。

「ピョン吉の声は別録りではなく、満島が実際に現場に参加してカメラに映らないところで出演者と掛け合いしている。その現場の空気感が自然な演技につながっています。満島は演技力の高さばかり称賛されますが、この芝居に対する真摯な姿勢も高評価を生み出す要因になっている」(芸能関係者)

 また、よし子先生役の白羽ゆり(しらはね・ゆり/36)は「セクシーすぎる」などと話題となり、それ以外にもヒロシの母ちゃん役の薬師丸ひろ子(51)など女性キャストは大半が好評。だが、そんな中でヒロインの京子ちゃんを演じる前田敦子(24)だけが酷評される事態が起きている。視聴者からは「演技が素人レベル」「一人だけ学芸会」などと批判の声が上がり、満島の名演技と比較して「天才と凡人の差」といった手厳しい意見も書きこまれているのだ。

「前田は決して女優として才能がないわけではなく、公開中の映画『イニシエーション・ラブ』や主演映画『もらとりあむタマ子』などで演じたクセのある役柄では高評価されています。しかし、今回のドラマは今のところ役柄が合っておらず、ミスキャストといわれても仕方ない。話題性や事務所との関係などで前田を起用することになったようですが、彼女の魅力を生かせていないようです。このままだと、映画の演技を観ていない人たちには『大根女優』と認識されてしまうので前田にとっても大きなマイナスになる」(前同)

 満島のピョン吉が上手ければ上手いほど、合わない役柄の前田のアラが目立ってしまいそうな気配。思わぬ好評で注目度が上がりそうな同作だが、早くも出演女優の明暗がクッキリと分かれているようだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)