体操男子団体の金メダル獲得などで、日に日に盛り上がりを見せるリオ五輪。テレビ各局は連日にわたってオリンピックを特集しているが、一部のネットユーザーたちは少し異なる視線で楽しんでいる。彼らが注目しているのは、現地キャスターを務める各局の女子アナたちだ。

 中でもネット上で頻繁に取り上げられているのは、NHKの杉浦友紀アナ(33)。13年春から『サタデースポーツ』と『サンデースポーツ』を担当している彼女は、NHKきってのスポーツ系女子アナで、今回のオリンピックでも活躍中だ。

 女子アナ好きが集まる掲示板サイトなどは、杉浦が速報や特集番組に登場するだけで盛り上がるほど。以前から、上智大学時代に「ミスソフィア」に選ばれた美貌と推定Gカップの巨乳で多くのファンを虜にしてきたが、リオ五輪が始まってから彼女に向けられる視線はより熱を帯びているようだ

「杉浦アナは14年のソチ五輪でも現地キャスターを担当しましたが、冬季五大会だったために豊満なバストを隠すような厚着でマイクを握ることが多かった。そのためファンからは、『良さが発揮できていない』『杉浦アナの魅力半減』などと寂しげな声があった。こういった過去があるため、女子アナフリークは今大会を楽しみにしていたようです」(ネットライター)

 杉浦といえば、競泳男子400メートル個人メドレーで萩野公介(21)が金メダルを獲得した後のインタビューシーンでも話題になった。

 レース直後だった萩野は疲労困憊の様子で、マイクを向ける杉浦に「水をください」と要望。杉浦が自分の水を手にして「飲みかけなんですけれど...」と応えると、萩野は「飲みかけでもなんでも、水を飲まないと僕は答えられない」とペットボトルを受け取って水分補給した。このシーンは、力を出し尽くした金メダリストの必死さが伝わってきたと多数のメディアに報じられたが、一部から「杉浦アナと間接キスできて羨ましい」などと嫉妬の声も寄せられたのだった。

 そんな杉浦と同じく高い注目を浴びているのが、テレビ東京秋元玲奈(31)だ。彼女もまた豊満なバストの持ち主と言われ、色っぽい雰囲気でファンを虜にする。五輪中継で記者証を胸にぶら下げて登場すると、バストのカタチが浮かび上がっているとして、次々とキャプチャー画像がアップされている状況だ。

「これまでテレ東の五輪の顔といえば、大橋未歩アナ(37)でした。04年のアテネ五輪から3回連続で夏季五輪のメイン現地キャスターを務めてきましたからね。一方、秋元アナは新人のころからスポーツ番組を担当していたにもかかわらず、五輪中継ではサポート役に回ることが多かった。14年の冬季ソチ五輪では、当時スポーツ担当ではなかった須黒清華アナ(すぐろ・さやか/31)がメインの現地キャスターに起用されているので、秋元アナも複雑だったはずです。その分、今大会にかける思いは強いでしょう。リオに飛び立つ前に髪を短くしたようですが、それも気合いの表れなのかもしれません」(前同)

 杉浦や秋元が抜群のプロポーションで話題を集める中、明るいキャラクターと笑顔で人気なのがフジテレビ宮澤智(26)とTBSの小林由未子(26)だ。いずれもメインリポーターは初で、フレッシュな魅力を振りまいているともっぱら。杉浦らに比べてバストサイズに物足りなさを感じるファンもいるようだが、現地ブラジルの陽気なイメージとマッチしていると評判だ。

 そのほか、日本テレビは『行列のできる法律相談所』でお馴染みの徳島えりか(27)が、テレビ朝日は『マツコ&有吉の怒り新党』のアシスタントを務める青山愛(27)が現地に飛んでいる。いずれも美貌とアナウンススキルに定評があり、今大会でもソツのないところを見せている。まだまだ熱戦続くリオ五輪。美しき女子アナたちが日本のメダルラッシュを伝える姿を期待したいところだ。
(文=愉快)