グラビアアイドル篠原冴美(しのはら・さえみ/24)が30日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、ネット上で話題になっている。

 この日の企画は「インテリVSノットインテリ」で、スタジオには高学歴芸能人と天然系のタレントが集結。

新おバカクイーンと呼ばれる藤田ニコル(18)やノリに乗っているりゅうちぇる(20)などと共に、篠原はノットインテリの席に座った。

 「ABCが言えない」という藤田がアルファベットを順に唱えてNを3連発したり、りゅうちぇるが「アナ"グロ"時計が読めない!」と叫んだりした今回。篠原も「昔は私もインテリアだったんです」と、自信満々におバカ発言をしてスタジオを盛り上げた。

 そんな中、ネット上の視聴者から「篠原冴美がセクシーすぎる」との声が上がり始める。この日の篠原は胸元が大胆に開いた肩出し衣装で、豊満なバストの谷間が気になった人も多かったようだ。掲示板サイトなどには放送中から篠原の姿がアップされ、Gカップバストの迫力を称賛するコメントが続々と上がることとなった。


 スリーサイズは上からB87・W57・H87(cm)で、グラビア人気も高い篠原。『ミスヤングチャンピオン2010』のグランプリに輝いたこともあり、7月発売のイメージDVD『Secret Lover2』(シャイニングスターエンターテイメント)もセクシーな魅力を振りまいていると評判だ。人気バラエティに露出度の高い衣装で臨んだのも、ファンを喜ばせるためだったのかもしれない。

 一方、ファンの中には少々不満を覚えた人もいた様子。というのも、3年前同番組に出演した際には、今回以上におバカ発言を連発してスタジオ中を引っかきまわしていたのだ。

 初出演となった『さんま御殿!!』では、明石家さんま(61)に家族構成を聞かれ、「お母さんはファンキーだしお兄ちゃんはヤンキー」「(父は)プロの草野球の監督」などと答えていた篠原。
彼女のハチャメチャな発言は、さんまに説教されるほどで、ファンにはそのときの印象が強く残っていたのだろう。今回の放送後には、「もっとやれたはず」などと物足りなさを感じさせる声も寄せられていた。

「藤田さんをはじめ、このところ注目度を上げている東大出身のお笑い芸人・石井てる美さん(33)など個性的なキャラがそろっていたため、篠原さんのカゲが薄くなるのは仕方ないと思います。しかし、ここ最近の篠原さんは、レギュラー出演するラジオ『栗山夢衣の初体験ラジオ「ちょ~ふあんです。」』(調布FM)で単独コーナーを持つなど、トークテクニックを磨いている。また、子どものころから霊感が強いという彼女は、ネットバラエティ『狩野英孝の行くと死ぬかもしれない肝試し』(dTV)で怖い話を披露したり体当たりロケに挑戦するなど、ビジュアル以外の部分もアピールしています。こうした姿をファンも知っているはずなので、2度目の『さんま御殿!!』ではバラエティ慣れしたところを見たかったのかもしれません」(ネットライター)

 抜群のスタイルと天然系のキャラで注目を集める篠原。
しかし、それだけでは芸能界で生き残れないと思っているのかもしれない。「霊感グラドル」とも呼ばれる彼女には、個性的な活躍が期待できそうだが...。
(文=愉快)