日本一のおっぱい美女・中岡龍子、初テレビで刺激的すぎる横乳!

 日本一の美しいバストを持つ女性を決定する『美おっぱいコンテスト2016』でグランプリを獲得した中岡龍子(なかおか・りょうこ/23)がテレビ初出演を果たし、「期待以上の素晴らしいバストだ」と話題になっている。

 同コンテストは、女性ならではの美しい胸を追求し、理想のバストに格式ある「賞」を与えたいという願いのもとに誕生。6月に行われた1次審査は「おっぱい画像のみ」で行われ、「純粋なおっぱいコンテスト」として男性ネットユーザーからも注目を集めた。先月の最終選考会で95センチのFカップバストを持つ中岡がグランプリに選ばれると、ネットには彼女のルックスを称賛する声が寄せられた。

 受賞後、女志望だという中岡はオフィシャルブログやTwitterを開設。雑誌のインタビューを受けたことなどを報告し、芸能活動に意欲を見せている。そんな中岡の初テレビは『痛快!明石家電視台』(MBS系)。明石家さんま(61)がメインキャストを務める関西ローカルの人気バラエティだ。

 毎回さまざまなゲストを迎え、刺激的なトークを展開する同番組。7日の回では「芸能ニュース暴露SP」と題し、最近世間を賑わせた"張本人"がゲストとして呼ばれた。そのひとりが中岡だったのだが、彼女がスタジオに登場すると一気にさんまが色めき立った。それというのも、ラフなVネックのノースリーブを着ていた中岡の脇から"横乳"が丸見えだったのだ。

 思わず丸々としたバストに向かってお辞儀したさんまは、「これはすごい」とポツリ。芸能界の大御所に絶賛された中岡は嬉しそうに微笑んでから、美おっぱいコンテストの裏側について語った。

 1次審査は手ブラで、2次審査はおっぱい丸出しで臨んだという中岡。3次から審査員に男性が加わり、そのときはブラをつけたそうだ。コンテストの出場者ならではのトークといえるが、さんまをはじめとする男性キャストが気になったのは、やはり豊満な胸だった様子。中岡に相槌を打ちながらも、チラチラ見える横乳をネタにしていた。

 そんな男性キャストを刺激するように、中岡は日ごろの"おっぱいマッサージ"を実践。カタチを整えることができると言いながら腕や腹の肉を胸に寄せ始めると、バストがたぷんたぷんと揺れ、当然ながらさんまらは大盛り上がり。中岡は毎日20分ほどマッサージしていると美バスト作りをアピールしつつ、共演者を虜にするのだった。

 これを見たネット上の男性視聴者も、「こんなに見事なバストは見たことない!」「めっちゃ揺れてる」「日本一の称号に偽りなし!」などと大興奮。関西ローカルのため全国的な話題にはなっていないものの、中岡の画像がアップされると多くのネットユーザーから歓喜の声が寄せられることになった。

 トークの終盤では「彼氏にも(胸は)触られるより見てもらいたい」と話し、その流れからさんまに向かって「(胸を)見てください」とアピールするなど、刺激的なリップサービスも欠かさなかった中岡。さんまが彼女のことを気に入ったとすれば、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)といったメジャーバラエティへの出演もありそう。おっぱい美女・中岡龍子の全国デビューを期待したいところだ。
(文=愉快)

当時の記事を読む

メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク