今年5月に"可愛すぎるビールの売り子"としてデビューした現役女子大生タレント・ほのか(20)(20)が、発売中の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙&巻頭&センターのブチ抜きグラビアに登場した。

 キャッチコピーに引っ掛けて白ビキニでビールジョッキを手にジャンプしているカットや、海につかりながら大胆に胸の谷間を披露するセクシーショットなどが掲載。さらに女子大生としての日常を切り取ったキュートな素顔やベッドの上でいたずらっぽい笑みを浮かべる艶っぽい一面も見せるなど、彼女の魅力が凝縮されたグラビアになっている。

 同誌ではグラビア界の新星を発掘する企画「ゲンセキ2016」が実施され、ほのかをはじめ、人気モデルの加藤ナナ(18)、現役女子高生グラビアアイドルで女優の早乙女ゆう(17)、深夜の情報バラエティ『ランク王国』(TBS系)の11代目MCを務める"りほにゃん"こと加藤里保菜(21)、現役女子大生モデルの黒田真友香(20)が参戦。いずれ劣らぬ美女たちが5号連続でそれぞれグラビアを披露し、ほのかが読者投票によって見事に優勝を勝ち取った。

 そのご褒美としての表紙とブチ抜きグラビアだったが、激戦を勝ち抜いただけあってすでに輝きは一級品。ネット上の男性たちからは「ほのかのグラビアで疲れが吹き飛んだ」「元気いっぱいって感じがたまらん」「ビール売り子出身のグラドルは本当に可愛いな」「めっちゃスタイルいいやん」「表紙が可愛すぎてコンビニで思わず手に取ってしまった」などと絶賛コメントが殺到している。

 さらに彼女は自身のブログでオフショットを公開しており、ランジェリー風の水着でスレンダーボディを大解放している写真やビキニ姿でカラダをのけぞらせて室内で寝転がっている写真などを掲載、こちらも「セクシーすぎる」と大好評になっており、ファンがさらに急増しそうな気配だ。

「同企画は昨年も実施されましたが、今年は特に参加者が精鋭ぞろいだった。その中で強豪たちに競り勝って優勝を獲得し、デビューから約半年のスピードで『ヤンジャン』の表紙になったことでグラビア界のネクストブレイク候補の一番手に名乗りを上げたといってもいいでしょう。笑顔の似合うキュートなルックスはもちろんのこと、透き通るような白い肌も男性ウケが抜群。さらにバラエティ適性も高く、このままブレイクへの階段を一気に駆け上がっていきそうな雰囲気です」(アイドルライター)

 今年7月には情報バラエティ『サンデー・ジャポン』(TBS系)で同じく「可愛すぎるビールの売り子」としてブレイクした先輩グラドル・おのののか(24)と共演。おのが「同じ『ビールの売り子』で名前も似てる」と"二番煎じ"を指摘すると、ほのかは「本名なので...」と切り返し、さらにおのの本名が「宮田真理愛」であることを暴露して逆に改名を促すというたくましさを発揮した。

 デビュー当初は世間的にも「おのののかの二番煎じ」というイメージが強かったが、これをきっかけに「おのののかが上だと思ってたけど甲乙つけがたい」「新人なのに切り返しが上手くてファンになった」「俺はほのかの方が好き」などとネット上では風向きが変化。そんな中で今回のセクシーグラビア披露となったため、人気が爆発しそうな状況となっているようだ。

 いずれにしても男性人気が急騰しているのは間違いなく、このまま彼女がブレイクすれば「ビール売り子」がグラドルの登竜門になる可能性もありそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)