初体験はマットプレイ!? 暴走グラドル・西岡葉月、過激すぎるトークにファンも困惑...

 今年1月の深夜バラエティ『ゴッドタン』(テレビ東京系)での"ポロリ騒動"で、一躍知名度を上げたグラビアアイドルの西岡葉月(年齢非公表)。その後も同番組に準レギュラー的に出演する彼女は過激なトークで注目を集め、それと同時にグラビア活動を活発化させている。

 身長170センチで、スリーサイズは上からB93・W62・H88(cm)の超絶ボディを誇る西岡。バラエティでは刺激的な発言が多いものの、可愛らしい顔立ちの彼女は童顔系グラドルとしても人気だ。それを本人も意識しているのか、先月発売の最新イメージ作品『抱きしめたい』(エスデジタル)では"清純な女のコ"という設定で可愛らしい魅力を振りまいた。

 もちろん、抜群のプロポーションを生かしたビキニショットなども収録されているが、多くのファンは「意外な魅力発見」「喋らない方がいいかもね」などとおしとやかな姿を称賛。同作の発売記念イベントで西岡は、「"黙ってれば清純に見えるよね"って言われる」と自虐的に語っていたが、似た感想を持つ人は多いようだ。

 だが、西岡自身はキャラを変えるつもりなどなさそうで、24日深夜に放送された『ゴッドタン』でも衝撃的なエピソードを暴露した。

 この日は、ちょっぴりセクシーで物悲しい体験談を紹介する「エロ哀しい座談会」の第5弾を放送。視聴者の投稿をレギュラー陣が寸評する人気企画だが、ゲストとして呼ばれた西岡のエロトークもかなり刺激的だった。

 冒頭から劇団ひとり(39)に「オナニーするの?」とぶっ込まれた西岡は、平然とした口調で「何言ってるんですか~? しますよ~」と返事。それで火がついたのか、その後西岡は自らの中学生時代のエピソードとして、好きな男子ができたもののアプローチの仕方がわからず、なぜかその彼の机にエロ本を入れていたことを明かした。

 この話に劇団らは共感できなかったようだが、西岡にしてみれば、「とにかく距離を縮めたかった」とのこと。そんなピュアな思いが通じたのか、やがてその男子と会話するようになり、付き合うことができたという。しかし、両想いになったことで西岡は満足してしまい、1週間ほどで別れたそうだ。

 一般的とは言えないものの、青春時代の恋愛エピソードを話した西岡は、さらに初体験についても告白。これが多くのファンに衝撃を与えた。というのも、初めてのときに西岡は「ヌルヌルのやつを使って、(彼の)上で動き回った」のだ。これに劇団らは「いきなりマットプレイ!?」と驚き。ネット上のファンからも、「さすがにビビった」「俺が相手だったら引いちゃうかも...」などと困惑した声が上がった。

 これまでにも塾の先生やホストなどとの交際歴を明かしている西岡。赤裸々な発言は彼女の個性といえるが、今回の初体験エピソードはファンにとっても刺激が強かったようだ。このところビジュアル人気が上がっているだけに、下ネタ系のトークを控えればファン層も拡大しそうだが...。
(文=愉快)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ゴッドタン」に関する記事

「ゴッドタン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ゴッドタン」の記事

次に読みたい「ゴッドタン」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク