加藤紗里、AV転身を完全否定も...彼氏とならハメ撮りOK!?

 狩野英孝(34)との恋愛騒動以降、お騒がせタレントとして注目を集める加藤紗里(26)。刺激的な発言も多い彼女は「炎上女王」と呼ばれ、ネット上であらぬウワサがささやかれることも。そのひとつが、昨年末に降ってわいた「セクシー女優転身」の話題だ。

 16年暮れ放送の『オトナの事情ジャーナル』(フジテレビ系)で、セクシー女優のANRI(旧・坂口杏里/25)と対談した加藤。これがきっかけとなって「加藤紗里もAV進出か」との憶測が飛び交ったようだが、いまだにその声は静まる気配がない。これに嫌気がさしたのか、加藤は6日深夜放送の『EXD44』(テレビ朝日系)でAV転向を完全否定した。だが、ある条件さえクリアすれば可能性はあるようで...。

 秋元康(58)が企画監修を務めるこの番組は、"EXD44"と命名されたテレ朝のディレクターたちがオリジナルの映像コンテンツを制作し、その面白さを競うというもの。今回は30代の女性ディレクターによる「記者の注目を集めるのは誰!?」が放送された。

 世間に対して物申したいタレントが自ら会見を開いたら、どれだけの記者が集まるのかを検証したこの企画。参加したのはフリーアナ脊山麻理子(36)と漫画家でタレントの蛭子能収(69)、そして加藤の3人だ。脊山は自身の最新写真集『miao』(ワニブックス)をアピールするため、蛭子は漫画家の仕事を増やすつもりだと発表することになった。

 胸元がざっくり開いた過激なスーツで会見に臨んだ加藤は、セクシー女優転向の話が出たことで「親戚や友だちから連絡が来て困っていて」と話し始め、すぐさま「私はセクシー女優にはなりません」と宣言。その理由を、「彼氏以外とヤレない」「親が悲しむから」と説明した。

 実際にアダルトメーカーからのオファーはあったそうで、「(広島県にある)お父さんのお店のほうに、お父さんを口説きに来たメーカーさんがいました」と明かした加藤。ギャラの提示もあり、その額は「億超え」だったという。これには加藤も驚いたようだが、迷いが生まれるほどではなかったとのことだ。

 だがその後、記者から「彼氏との共演ならアリ?」と聞かれた加藤は、少し考え込んでから「ハメ撮りですよね...」とポツリ。続けて「それならいいかな」と、まさかの"ハメ撮りOK"が飛び出すことに。加藤らしい刺激的なリップサービスといえるが、「彼氏に(一緒に出ようと)言われたら出るかなあ...」とも呟いており、交際相手によっては心変わりするのかもしれない。ちなみに今回の企画ではそれぞれの会見を115媒体に告知し、当日集まった記者の数は加藤が14人、脊山が4人、蛭子は2人だった。

 会見のラストには、「最近、売名(行為を)する人めっちゃ多くないですか?」と切り出し、手タレントの売名行為を止めさせる「炎上商法・売名行為撲滅委員会」を立ち上げたと語った加藤。今後についてはまったくのノープランらしいが、こうした活動を発表したのも彼女なりのサービス精神なのだろう。今回、AV転身は完全否定したが、これからも何かとメディアを賑わせてくれそうだ。
(文=愉快)

当時の記事を読む

加藤紗里のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「加藤紗里」に関する記事

「加藤紗里」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤紗里」の記事

次に読みたい「加藤紗里」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 加藤紗里 カープ女子
  2. 加藤紗里 事故
  3. 加藤紗里 政界進出

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。