現役『レースクイーン女王』の三城千咲(みきちさき/27)が、発売中の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)20号の巻末グラビアに登場。ランジェリー風の大胆なビキニなどで完璧すぎるプロポーションを披露し、男性読者から絶賛の声が相次いでいる。



 同誌では、次世代グラビアスターを発掘する企画「ゲンセキ2017」を開催しており、一人ずつ本誌でグラビアを披露し、読者投票1位になった参加者は同誌の表紙&巻頭グラビア出演を勝ち取ることができる。

 その4番手として登場した三城は、一年で最も活躍したレースクイーンを決める『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 15-16』に選ばれた逸材。身長166センチ、スリーサイズ上からB85・W58・H87の完璧プロポーションの持ち主であり、その見事なボディラインを過激に披露。レオタードやランジェリー風ビキニをまとい、グラビア界では新人ながら『現役レースクイーン女王』として貫禄を見せつけている。

 これを目にしたネット上の男性たちからは「三城千咲さんのグラビア素晴らしい」「ボディも素晴らしいけど腋フェチにはたまらんグラビアだった」「スタイル凄いけど、それより顔が好み」「いい体付きやな」「整いすぎて怖いくらいキレイ」などと絶賛の声が殺到している。

 三城は2014年からレースクイーンとして本格的に活動し、昨年11月にその頂点となる『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 15-16』をわずか約2年で獲得。
抜群のスタイルはもちろんのこと、85センチEカップのバストはレースクイーン仲間が称賛するほど美しく、ファンの間では"美乳女神"という愛称が浸透している。

「『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー』は過去に吉岡美穂さん(37)や森下千里さん(35)、2010年には菜々緒さん(28)を輩出したグラビアスターの登竜門。三城さんは整った顔立ちと抜群のスタイルによって、歴代のグランプリ受賞者と比べても素質がピカイチと評判となっています。近年は忍野さらさん(21)などレースクイーン出身のグラビアアイドルが大活躍していますが、その流れに乗ってブレイクしてくれそうな期待の新星と言えるでしょう」(アイドルライター)

 今までは『レースクイーン女王』でありながらメディア露出があまりなかったこともあって、レースファンやアマチュアカメラマンの間でしか美貌が知られていなかった部分があった。だが、意を決してメジャー誌の水着グラビアに挑戦したことで一気にネクストブレイク候補に躍り出たといえそうだ。

 さらに三城は見た目が美しいだけでなく、手話通訳士を目指して全国手話検定2級を取得するなど努力家な一面も。
2020年東京パラリンピックで手話通訳ができるようになりたいという目標を持っており、SNSで公開している動画でもたびたび手話を披露。「HANDSIGN with三城千咲」として日本ろうあ連盟公認『第23回夏季デフリンピック競技大会2017』の応援テーマソングを担当したり、障がい者自立推進機構による「パラリンアート」の公式手話パフォーマーを務めるなど、その活動は業界内でも高く評価されている。13日にInstagramで公開した動画でも、胸の谷間をあらわにしながら手話で「ヤングジャンプ」と告知しており、ファンを喜ばせている。

 キュートなルックスと『美乳女神』と呼ばれる抜群のプロポーションによって男性人気が沸騰すれば、そのままレースクイーン女王からグラビア界の女王へと上り詰めていきそうな逸材だ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)