「イクならイクって言えよ!」美女タレント・竹内渉、ベッドの中の"演技"はマナーだと力説

 BSフジで放送されている『橋本マナミのヨルサンポII』のトーク内容が、「刺激的すぎる」と話題になっている。

 メーンを務める橋本マナミ(32)をはじめ、結婚したい美女タレントたちがワイン片手に女子のホンネをぶちまける同番組。昨年のスタート時にも赤裸々なトークで視聴者を驚かせたが、今春から始まったセカンドシーズンではさらに過激さが増しているようだ。

 リニューアルされた番組には、タレントの竹内渉(たけうち・あゆむ/30)とグラビアアイドル柳いろは(26)が新メンバーとして参加。現在、婚活中だというふたりは自身の恋愛エピソードを明かしながら、理想の男性像などをぶっちゃけている。

 先日の放送では、「エッチのときの男性の演技」をテーマにトークを展開。柳が「盛り上げるため」にも男性には演技をしてほしいと語ると、さっそくガールズトークに火がつくことになった。ちなみに、テーマの中で「男性も」となっているのは、以前の放送で、「女子はエッチの時に演技をする生き物」といった内容のトークが繰り広げられたからだ

 柳の言葉に進行役のフリーアナウンサー・澤田南(28)が大きくうなずくと、橋本は「オーバーすぎるのはちょっと...」とポツリ。以前、橋本はかなりリアクションの大きい男性と交際していたようで、「(喘ぎ声が)女の人みたいで、ドン引きしたことがある」という。

 そんな"反応が良すぎる男性が少々苦手"な橋本に対して、竹内が反対意見をぶつける。かつて竹内は、ベッドの中でほとんど声を出さない男性と付き合っていたそうで、そのときは「かなり頭にきた」とのこと。無言でフィニッシュを迎えることもあり、それが彼女には許せなかったという。

 ヒートアップした竹内は、「こっちも(イク)タイミングを合わせて、いろいろ頑張ってるのに...」とまでぶっちゃけ、最後には「イクならイクって言えよ!」と絶叫。相手のことを考えて場を盛り上げるのが、「大人のマナー」だと力説した。これには橋本らも大いに賛同し、ネット上の同性視聴者からも共感の声が寄せられるのであった。

 一方、男性視聴者からは竹内に対して興奮の声が続出することに。この日の彼女は、カラダにぴったりフィットしたニット衣装で、ネット上には「着衣巨乳が素晴らしい!」「こんなスタイル抜群の美女と一戦交えて、声を出さない男なんているのか!?」「竹内さん、めっちゃキレイ! 元彼が羨ましすぎる」「ベッドで頑張っちゃうタイプとか、最高です」といった絶賛コメントが上がった。

 過激なトークと見事なプロポーションで男性ファンを虜にした竹内は、2005年のデビュー当時から「ブレイク確実」と言われていたイツザイ。一時期は人気バラエティのアシスタントを務めて注目を集めたが、韓国芸能界に進出したこともあって、ここ数年は日本でのメディア露出が減っていた。だが、今月からいまの事務所に所属しながら、別のプロダクションとも業務提携を結んだそうで、今後は日本での活動にも力を入れていく様子。『ヨルサンポ』での赤裸々なトークが話題を呼べば、地上波バラエティで竹内を見かける機会が増えるのかもしれない。
(文=愉快)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

竹内渉のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「竹内渉」に関する記事

「竹内渉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「竹内渉」の記事

次に読みたい「竹内渉」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク