168センチの高身長と、スリーサイズ上からB80・H60・H83(cm)の見事なプロポーションで人気のグラビアアイドル小柳歩(こやなぎ・あゆみ/25)。「あゆにゃん」の愛称で親しまれる彼女が、Twitterでファンを喜ばせている。

 21日、「彼女と海の家なうで使っていいよ」のコメントと共に、ビキニの上にシャツを羽織った写真を公開した小柳。シャツの裾を胸の下で結んでいる姿は、まさに「夏」という言葉がピッタリで、可愛らしくも色っぽい魅力を感じさせる。

 これにネット上のファンは、「笑顔がたまらん」「可愛すぎ」「こんなコと海デートしたい!」などと大盛り上がり。実際に自分のTwitterに小柳の画像をアップし、海の家デートを楽しむ人も多いようだ。

 「使っていいよ画像」といえば、このところTwitter上で流行っているシリーズ。きっかけは声優の山寺宏一(56)が、「彼氏とデートなう。に使っていいよ。」とアップした写真だ。これが話題を呼んだことで、多くの芸能人が同様のコメントを付けてSNSを更新するようになった。

 その中には大人気アイドルの橋本環奈(18)も。彼女が高校生のころの画像を「使っていいよ」とアップすると、ネット上には「可愛い」の大合唱が起こり、わずか2時間程度で約2万リツイート&5万7000件以上の「いいね!」を記録した。最近では、モデルのマギー(25)やタレントの藤田ニコル(19)らが「使っていいよ画像」を投稿して大きな話題を呼んだ。

 小柳もこの流行に乗っており、Twitterで使っていいよシリーズを展開。19日には「彼女と晩酌なうに使っていいよ」と自宅と思われる部屋で缶ビールを飲んでいる画像、その前には「彼女にいたずらしてるなうで使っていいよ」とゆるゆるのニットの襟元をスタッフと思われる人物に引っ張られている写真をアップしている。

 さらに小柳は、「彼女と犬の散歩なうで使っていいよ」のコメントと共にペットの子犬を抱いた笑顔ショット、「彼女と添い寝なうで使っていいよ」とベッドの上で横になっているセクシーな画像なども投稿。いずれもアップされると絶賛コメントが寄せられ、多くのファンが次はどんな「使っていいよ画像」がアップされるのか楽しみにしているようだ。

 かつてはファッション誌「JJ」(光文社)などでモデルとして活動し、清潔感あふれる美貌と極上のスレンダーボディで同性人気が高かった小柳。グラビア活動を開始してから、パチンコメーカー「SANYO」のイメージガール6代目ミスマリンちゃんに選出され、深夜バラエティ『7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート』(TBS系)のレギュラーアシスタントを務めるなどし、一気にファン層を拡大させた。

 抜群のビジュアルはもちろんのこと、イメージ作品で見せる過激な姿でも男性ファンを虜に。特にグラビアマニアに好評なのは、キャンディなどを口に含む舐めシーン。本人も「舐めキャラ」を自称しており、その刺激的な"舌使い"はグラビア界随一と評判だ。

 そのため、ファンらは常にイメージ作品のリリースを待ち望んでいる状態。小柳の新作は、7月に『『姉妹パラダイス 姉編』(エアーコントロール)、8月に『姉妹パラダイス 旅行編』(同)が出る予定で、早くも期待の声が上がっている。このところ、小柳のTwitterが盛り上がっていることを考えれば、この2本も大きな反響を呼びそうだ。