次々と新たなスターが生まれるグラビア界。人生初グラビアで雑誌の表紙を飾る「超逸材」などもいて、すでに一定の人気と知名度を獲得したグラドルも胡坐をかいているわけにはいかない。

 そんな焦りからか、美ボディ作りに励むグラドルは多い。カラダを資本とする彼女たちにとっては当たり前のことなのかもしれないが、そのトレーニング風景をSNSで公開するコもいて、それがファンの"楽しみ"にもなっているようだ。

 最近、ワークアウトにハマっていることを公言しているグラドルが戸田れい(30)。ワークアウトとは、カラダの健康や運動機能の維持・向上を目指したトレーニング全般のこと。目的はアンチエイジングや筋肉増強など様々だが、それを明確にして「理想の自分」に近づくためのメニューをこなす。

 戸田の目的は定かではないが、今月20日には「最近の趣味はもっぱらワークアウト」と、セパレートタイプのトレーニングウェアを身につけた画像をTwitterにアップ。見事な腹筋と引き締まった腰回り、贅肉のない二の腕を見せつけた。以前から戸田はスレンダー系の美形グラドルとして人気だが、この画像によって、美貌にさらに磨きをかけていると評判を集ることになった。

 また、身長152センチと小柄ながら90センチ巨乳を誇る葉月あや(26)も、「#workout」のハッシュタグと共にバーベルプレート(バーベルの重り)を持ち上げている動画をTwitterに投稿。大きなプレートをゆっくり上げ下げしている姿はいかにも大変そうだが、上からのアングルで撮影されているため胸の谷間が見え、刺激的な映像になっている。

 ちなみに、葉月はデビューしてすぐに『日テレジェニック2014』のグランプリを獲得して人気者に。しかし、当初はグラビアの仕事に抵抗があったらしく、過去のインタビューでは「正直、怖いと思っていました」と語っている。そんな彼女の意識を変えたのが、「女性らしい身体のライン」を目指して始めたワークアウトだったという。努力するほどにファンが喜んでくれるため、やりがいを感じたようだ。

 このところ雑誌グラビアやテレビバラエティで見かけるタレントの竹内渉(31)も、美ボディ作りに熱心なタイプ。特に最近は「美尻トレーニング」に力を入れているようで、Instagramではバーベルを持ちながらスクワットする姿など、ハードなトレーニングの様子を公開している。その中には丸々としたお尻のドアップ映像もあり、男性ファンにとっては刺激的な投稿になったようだ。

 当然ながら、この3人のほかにもワークアウトに取り組むグラドルは多い。その様子をSNSなどで公開していないグラドルもいることだろう。ファンを喜ばすために努力を惜しまないグラドルたちには、頭が下がる思いだ。