肉体自慢の美女が熾烈な争い! スポーツ番組の思わぬセクシーショットに視聴者興奮

 5日深夜放送の新番組『超人女子』(テレビ朝日系)に、ネット上の視聴者から思わぬ反応が寄せられた。

 この番組は、各界を代表する筋肉美女がさまざまな競技に挑戦し、ナンバーワンを競うというもの。公式サイトには、「この国で、最も屈強にして、美しく、しなやかな肉体を持つ女性は誰なのか!?」と大々的に謳われており、参加者には「日本一」の称号を競うにふさわしいメンバーがそろった。

 今回エントリーしたのは、元新体操日本代表選手で、このところスポーツ系バラエティで活躍する畠山愛理やブラジリアン柔術家でモデルの東あずさ、Instagram で「奇跡の筋トレ女子」と話題の田上舞子、モデル界屈指の筋肉ボディの持ち主といわれる宮河マヤら。いずれも、日ごろから鍛錬を重ねる筋肉自慢の女子だ。しかも美形ばかりで、番組はオシャレなイベントのような雰囲気で始まった。

 しかし競技がスタートすると、参加者たちの目つきが変わる。この日行われたのは「ハイパーリーチ」と名付けられた種目だが、序盤に挑戦した筋肉女子らがギブアップする様子を見て、その過酷さを敏感に感じ取ったようだ。

 「ハイパーリーチ」とは、まず台の上に膝立ちになり、かかとやふくらはぎを固定した後、そのまま前屈みになり、上半身を宙に浮かせた状態で前方にあるスティックを動かす競技。スティックを所定の場所に置いた後は、カラダを起こして元の状態に戻らなければならず、腹筋や背筋、太もも裏の筋肉が重要となる。

 競技が始まると、最終的にカラダを起こせない人が続出。動かしたスティックの本数が競われたため、できるだけ数を稼ごうとした結果、力尽きてしまうようだ。

 そんな中、体幹の強さを発揮したのが新体操の畠山。すでに現役は引退しているが、その筋肉量は衰えていないようで、スティックを素早く移動させた後、軽やかに上半身を元の姿勢に戻す。また、「今もっとも女子が憧れるボディ」の持ち主といわれ、爽やかな笑顔が目を引く田上も、見事なバランス感覚でスティックを次々に移動させ、力強くカラダを起こした。

 この畠山と田上は、上位4名が進出する決勝ラウンドへ。彼女たちのほかに、凛々しい顔立ちが印象的なブラジリアン柔術家の東と、アイドルチックな雰囲気を漂わせ、パッと見は筋肉女子に思えない陸上・七種競技選手の津吹アイリが残り、ふたたび「ハイパーリーチ」に挑んだ。結果、津吹が唯一パーフェクトとなるスティック9本を達成し、この競技のナンバーワンに輝いた。

 スーパー美ボディを誇る女子たちが、己の限界に挑みながら熾烈な争いを繰り広げた同番組。その視聴者ターゲットは美ボディ作りに励む女性がメインと思われるが、放送中からネット上には男性視聴者から「肉体美」を絶賛する声が殺到。筋肉美女たちはスパッツやスポーツブラといったカラダのラインがよくわかる格好だったため、一部の男性には刺激的に映ったようだ。

 特に畠山を称賛する声は多く、競技中にお尻のカタチがよくわかる四つん這い状態になったり、屈んだ瞬間にチラッと胸元を見せてしまったことがファンの目に留まったようだ。

 番組主旨とは異なるものの、男性視聴者からもアツい視線を注がれた『超人女子』は、これからいろんな意味でネットを騒がせることになるのかもしれない。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

畠山愛理のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「畠山愛理」に関する記事

「畠山愛理」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「畠山愛理」の記事

次に読みたい「畠山愛理」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク