桐山瑠衣、Jカップ乳が「ほぼ丸出し」の衝撃ジャケット! 最新イメージ作に巨乳ファンの期待高まる

 104センチのJカップ乳で人気を集めるグラビアアイドル桐山瑠衣(27)が、5月20日に最新のイメージDVD&ブルーレイ『凄るい~いたずらなJカップ~』(ラインコミュニケーションズ)をリリースする。ジャケット写真でノーブラ姿や過激なランジェリー姿を披露しており、ファンの期待が早くも高まっている。

 通算31枚目のイメージ作品となる同作は、世界有数のリゾートとして知られるフィリピン・セブ島で撮影。ジャケットは2種類あり、ブルーレイ版ではわずかな布でバストトップを隠しただけの衝撃のノーブラ姿を披露。顔よりも大きなド迫力のJカップ乳に誰もが目を奪われてしまう会心ショットだ。

 DVD版では、横乳や下乳が丸出し状態になった変形の極小ランジェリー姿に。下半身は縛られているようにも見える「ヒモパン」で、むっちりボディの魅力を引き立たせるフェチ感あふれるジャケットになっている。

 さらに裏ジャケットでは、目を凝らしたら大事な部分が見えてしまいそうなスケスケ下着や小悪魔風のボンデージ衣装、清楚なのにエッチな純白のレース下着などを着用。どれも爆乳ぶりが強烈に際立っており、世の「おっぱい星人」にとってマストアイテムになりそうな雰囲気だ。同作には「百花繚乱、変幻自在、めくるめくJカップの」というキャッチコピーがつけられているが、まさに徹底的にJカップ乳をクローズアップした作品になりそうである。

 これにネット上のファンからは「破壊力やばいな」「心から嫁に欲しい」「待ってました!」「史上最高に美しい」といった歓喜の声が寄せられ、Amazonの女性アイドルDVDランキングでトップ10入りするなど予約が殺到。桐山はイメージDVDの売上の高さに定評があり、これまでも「Amazon1位」などの勲章を獲得してきたが、今作もスマッシュヒットとなりそうな気配だ。

 桐山は2008年に17歳でグラビアデビューし、今年でグラビア活動10周年。デビュー当時は90センチ台だったバストが現在は104センチにまで成長し、最近は妖艶な大人の色気まで身につけている。常に巨乳ファンからの熱い支持を受けてきた桐山だが、2015年には当時の所属事務所との契約終了に伴って芸能活動を休止。一時は「引退説」すらささやかれた。

 2016年5月にフリーとして活動を再開すると、復帰第一弾となったイメージDVD&ブルーレイ『オトナるい』(竹書房)がAmazonランキングで1位を獲得。ロリータフェイスに規格外の超爆乳という、他に代わるものがいない奇跡のルックスにグラビアファンの熱視線が再び集まった。

 以降はイメージ作品のリリースを重ね、今年3月には自身でプロデュースした「おふぃしゃるコンテンツサイト」を開設。「ファンのみんなにもっと作品を見せたい」「新しい事に挑戦したい」といった思いからセルフプロデュースのグラビア動画を制作し、同サイト上で販売するという新たな試みを開始している。

 グラドルとしてはベテランの域に突入している桐山だが、むっちりボディの魅力や過激度はさらに進化中。自身の動画サイトを舞台に他のグラドルをプロデュースしてみたいという願望も明かしており、これからもグラビア業界に旋風を巻き起こしてくれそうだ。

(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

桐山瑠衣のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「桐山瑠衣」に関する記事

「桐山瑠衣」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「桐山瑠衣」の記事

次に読みたい「桐山瑠衣」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク