青山ひかる、NG解禁のセミヌード! 圧巻の美肌ボディを大解放

青山ひかる、NG解禁のセミヌード! 圧巻の美肌ボディを大解放
※イメージ画像:青山ひかるTwitter(@hikaru06kon)より

 グラビアアイドル青山ひかる(24)が、圧巻の美肌ボディを披露した。

 青山は発売中の雑誌「FRIDAY」(講談社)のグラビアに登場。「日本でもっとも素肌がキレイなグラビアアイドル」というキャッチコピーのもと、大胆に肌を露出してスリーサイズ上からB95・W59・H90(cm)のパーフェクトボディを見せつけた。

 そのファーストカットは、バストトップを薄い布でかろうじて隠しているだけのような過激なグラビア。ナチュラルな胸の曲線や鎖骨、引き締まったくびれ、しなやかな二の腕などはつい見惚れるほど美しく、どこか神々しさすら感じさせる。さらに、ページをめくると少し濃いめのメイクを施したランジェリーショットが飛び込んでくる。バスタブの中に座っている彼女は、絶妙なM字開脚を決め、ちょっぴり乱れた魅力を放つ。

 その対になっているページでは、下着姿でお尻を突き出しているバックショット。鏡の前でポーズを取っているため、艶っぽい表情や胸のボリュームがよくわかり、情報量の多いカットになっている。そして次のページは、「NG解禁!」のキャッチコピーの根拠となるセミヌードグラビアだ。

 ベッドの上で一糸まとわぬ姿を披露しているグラビアは、迫力満点の見開き。真っ白なシーツにお尻をつけて膝を立てている青山は、愁いを帯びた表情で遠くを見つめる。ふくよかな胸と太ももは見るからに柔らかそうで、それとは反対に引き締まった腰や腕はしなやかな魅力を感じさせる。

 抜群のプロポーションはもちろんのこと、いずれのグラビアでも目を引くのは、「日本でもっとも素肌がキレイなグラビアアイドル」というコピーも納得の美肌ぶり。肌を露出することの多いグラドルであることを考えれば、美肌は必須条件とも言えるが、それをわざわざアピールしたのは、かつて青山が「お尻の汚いグラドル」として有名だったからだろう。

 そのため、今回のグラビアを目にしたネット上のファンからは、「それにしても肌がキレイになった」「美肌すぎ(笑)」「まさに最強ボディ」といった絶賛コメントが寄せられている。青山は汚尻グラドルとして2016年放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演し大きな話題になったが、そのときの汚尻姿が目に焼きついていたのか、「FRIDAY」のグラビアを見て驚く人も多いようだ。

 『有吉反省会』後、肌トラブルを徐々に解消し、イメージ作品などではツルツルの美肌を見せていた青山。今ではすっかり素肌美人になり、それをウリにするほどになっている。すでにトップグラドルのひとりとして活躍するが、美肌イメージがさらに浸透すれば、まだまだ人気を高めることになりそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

メンズサイゾーの記事をもっと見る 2018年6月9日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「忍野さら」のニュース

次に読みたい関連記事「忍野さら」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「倉持由香」のニュース

次に読みたい関連記事「倉持由香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「天木じゅん」のニュース

次に読みたい関連記事「天木じゅん」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。