View this post on Instagram








 

マキア‍♀️ 撮影が立て込んでるとなかなかボディケアができないので、絞りたい時は、期間と目標を決めて、ゆるくやってるよ。リミットがあれば頑張れる☺️

内田理央だーりおさん(@rio_uchida)がシェアした投稿 – 2019年 4月月23日午前1時34分PDT

 モデルで女優の「だーりお」こと内田理央(27)が、美しすぎるボディをあらわにしたへそ出しショットを公開。見事なくびれを見せつけ、ズボンをずり下げて「股間ギリギリ」状態になったセクシーな姿に男性ファンたちが沸き立っている。

 内田は23日付の自身のInstagramに「マキア!撮影が立て込んでるとなかなかボディケアができないので、絞りたい時は、期間と目標を決めて、ゆるくやってるよ。リミットがあれば頑張れる!」とコメントしながら画像を投稿。発売中の美容情報誌「MAQUIA」(集英社)に掲載されたカットのようだ。

 公開された画像は、内田がへそ出しルックで引き締まったウエストラインを大胆に露出しているカット。うっすらと浮いた腹筋やキュートなおへそが惚れ惚れするほどの魅力を放っており、挑発的な表情も相まって女性誌とは思えないほどの妖艶さを醸し出している。

 下半身は右手で自らズボンをずり下げ、下着が見えてしまうのではないかと心配になるほどの「ギリギリ状態」になっており、男性誌グラビアとは違ったテイストながらセクシー度は抜群だ。

 これにネット上では「めっちゃセクシー!」「おへそが綺麗だなあ」「いいカラダしてる!」「手の位置がエッチすぎます!」「パンツが見えちゃいそう」などと興奮気味のコメントが殺到。女性ファンからも「理想のスタイル!」「あこがれます」「おへそが羨ましいくらいキレイ」などと称賛の声が続出し、男女双方から絶賛される状況となっている。

 内田といえば、2014年から放送された特撮ヒーロー番組『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)のヒロイン役で女優デビューしたことをきっかけに注目され、抜群の美貌とスタイルを武器に男性誌グラビアにも進出。2016年に公開された初主演映画『血まみれスケバンチェーンソー』で衝撃の「ふんどし」姿を披露し、同年に写真集を2冊同時リリースするなど男性人気が爆発した。

 現在は放送中の連続ドラマ『向かいのバズる家族』(日本テレビ系)で主演を務め、8月公開予定の映画『劇場版 おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』にも出演が決定するなど女優業が絶好調。だが、多忙となったこともあって男性誌グラビアに登場する機会は減少し、男性ファンにとっては少し寂しい状況が続いている。

 それだけに今回のへそ出しセクシーショットは、男性ファンにとって貴重なプレゼント。女性誌のカットにもかかわらず、男性層から大きな反響が巻き起こっているのも当然といえそうだ。

 今すぐにでも写真集が出せそうなほどボディが仕上がっているだけに、ファンとしては是非とも新作のリリースを期待したい。

(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops