人気AV女優から個性派女優へノープランで転身!? 「映画館で作品がかかるなんて夢があるな、贅沢だな」しじみインタビュー

人気AV女優から個性派女優へノープランで転身!? 「映画館で作品がかかるなんて夢があるな、贅沢だな」しじみインタビュー
 日本映画の最前線を丹念に追っている人ならば一度はスクリーンで目にしたことがあるかもしれない。AVに詳しい人ならば元・持田茜と言えば通りが良いだろう。現在、映画やVシネマなどを中心に活動を続けるしじみは、04年に持田茜という芸名でAVメーカー「S1」の専属女優としてデビュー、08年12月に引退するまで数百本のAVに出演、09年から現在の芸名となり本格的に役者としての道を歩み出した。どんな役柄でも憑依したかのように成りきる演技の評価は高く、09年に主演したピンク映画『うたかたの日々』(公開時タイトル『壺姫ソープ ぬる肌で裏責め』)は第22回ピンク大賞・作品ベストテン第1位に輝いた。今後の日本映画界を担うであろう新進気鋭の映画監督たちからのオファーも多く、着実に個性派女優としての地位を築きつつある。

  しじみの久々の主演作となる『終わってる』は、「青春とHが盛り込まれていれば、何を撮ってもOK」という"青春H"シリーズの第5弾であり、多彩な短編作品で数多くの賞に輝いた今泉力哉監督の初長編劇映画である。

 夫婦の崩壊と再生を骨子にした本作は、5人の主要人物が不器用に感情をぶつけ合い、傷つけ合う様を、緩やかなリズムで生々しく描き出す。恋愛の残酷さを容赦なく浮かび上がらせながらも、端々に笑いが散りばめられていて小気味好い。しじみは夫に別れを切り出されて哀しみに打ちひしがれながらも、自分に好意を寄せる男友だちを翻弄する人妻をアンニュイに演じる。それまでエキセントリックな役どころの多かった彼女にとって新境地と言える作品だろう。...続きを読む

あわせて読みたい

メンズサイゾーの記事をもっと見る 2011年3月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。