神田うの芸能人&企業家生命の危機!? "死者数を賭け"はマジネタだった

神田うの芸能人&企業家生命の危機!? "死者数を賭け"はマジネタだった
拡大する(全1枚)
 真っ向から否定していたが、本当だったとは。

 神田うのが「16年前、阪神淡路大震災で死亡した被害者人数を賭けていた」という噂話に対して、オフィシャルブログで「悪意に満ちた事実無根のつくり話で誹謗中傷され またか・・・と思いながら、ただただ傷付いてきましたが」など、"事実無根"と主張していたこの件だが、本人が実際、賭けに乗ってしまったという事実を過去に雑誌で語っていたことが分かった。

 問題の発言が掲載されている雑誌は『uno!』1997年11月号(朝日出版社)。春風亭小朝と神田うのの対談が掲載されており、そこで彼女が「『ねぇ、うのちゃんは、何人ぐらい死ぬと思う?』なんて、番組のスタッフに誘われて賭けみたいなことをやっちゃったんです。そのことが、すご~い自分の中に残ってて......」とバッチリ語っているのである。

 もちろん対談の際は、過去、賭けに興じた自分を面白おかしく語っているということではなく、この前後の発言で阪神淡路大震災について、「高校時代の友人が神戸に住んでいるって知って、わ~っ、どうしようって涙が出たの」と震災に動揺する様子や、「悪いことしたな、悲しんでいる人たちがたくさんいるのに、あんなことして、ひどかったなってすっごく心が痛んだ」と、賭けについて猛省している様子を語っている。記事では賭けの結果は語られておらず、この一件で反省した本人が、番組でもらった賞金30万円に自腹の20万円を足して寄付をした、と述べられているのみだ。そして話題はいきなり春風亭小朝の独演会に移っていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

神田うののプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「神田うの」に関する記事

「神田うの」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「神田うの」の記事

次に読みたい「神田うの」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク