日テレ直撃取材「上原美優にボカシ処理」問題! テレビ局の行き過ぎた自主規制!!

日テレ直撃取材「上原美優にボカシ処理」問題! テレビ局の行き過ぎた自主規制!!
 12日未明に都内の自宅で首をつって亡くなったタレントの上原美優。あまりにも突然だった悲劇は、テレビにおける自主規制という問題を浮かび上がらせた。

 事の発端は、彼女の死の翌日に放送された『金曜スーパープライム 世界☆ドリームワーク』(日本テレビ系)。上原の出演していた同番組の放送だったが、局は彼女の出演VTRをカットし、ひな檀にいる彼女の顔にモザイクをかけた。そして、この処置について多くの視聴者から寄せられたのが「なぜ?」「べつに犯罪を犯したわけでもないのに」「遺族だって彼女を姿を見たいはずだ」などという声だった。ネットユーザーを中心に上がったこの声の中には、臭いものにはとりあえずフタをする、というテレビの隠ぺい体質を非難するものが多かった。芸能界事情に詳しいライターは今回の騒動についてこんなことを言う。

テレビ番組というのは、編集次第でどうにでもなってしまうものです。例えば、これは有名な話ですが、ダウンタウンナインティナインが共演した番組で、岡村さんのギャグの後に松本さんが笑っている映像が差し込まれ、あたかも岡村さんのギャグに笑う松本さんという場面が流されたことがありました。当然、テレビを見ている人は、"松本が岡村のギャグで笑っている"と思うわけですよね。でも、この放送を目にした松本さんは、後日自分のラジオ番組で"1つも笑ってない"と語っています。つまり、テレビというのは、否応なく直接視聴者に届いてしまうんです。だから誠実じゃなければならない。確かにヤラセと演出の線引きは難しいですが、せめて視聴者の無意識に残る印象の部分でのウソは排除すべきです。自主規制というのも、編集作業などと同じで、制作側が自らの判断で行うものですから、そこに不誠実な意図が加わってはいけない。だから規制するには、それなりの覚悟がいるわけです。ただ、問題は何でもかんでも規制すればいいってことではないということです。今回の上原さんの件も、局とすれば、とりあえずモザイクかけとけばいいだろうってことで規制したはずです。その安易さこそが問題なのではないでしょうか。もっときっちり検討し、ご遺族の意向も確認して放送するべきだったのではないでしょうか」(芸能ライター)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 上原美優 島田紳助
上原美優のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る 2011年5月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「上原美優 + 島田紳助」のおすすめ記事

「上原美優 + 島田紳助」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小森純」のニュース

次に読みたい関連記事「小森純」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「島田紳助」のニュース

次に読みたい関連記事「島田紳助」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら