上岡龍太郎とは違う!? さんま引退宣言の真意はどこに

上岡の代名詞的番組といえる『鶴瓶上岡パペポTV』(日本テレビ系)の最終回引退SPの後半で、島田紳助が突如番組に乱入した後、花束を持ったさんまが登場するほど、さんまと上岡の関係が単なる先輩後輩でないことはよく知られている。そういった事情を踏まえてなのか、ネットユーザーの中には今回のさんまの引退宣言は上岡の影響なのではないかと推測する輩も多い。

しかし上岡とさんまを同列で比較するのは少し安易に過ぎるだろう。もちろんどっちが上でどっちが下かという問題ではない。60年代から活躍する上岡の40年と今のさんまの芸歴とはまったくの別物ということだ。上岡は演芸場を生放送していたテレビバラエティーで活躍して全国区となったが、さんまはテレビバラエティーの元祖ともいえる『
「上岡龍太郎 + 島田紳助」のおすすめ記事
オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)で知名度を上げた。この違いは、影響を与えてきた世代に大きな差をもたらしている。

上岡が無二の才能を持って多くの芸人から崇拝されているのは紳助などの発言からもよく分かる。しかしそうは言っても、まだテレビの普及率もままならない時代から活躍していた彼の笑いが届いたのは同世代付近に集中していると言える。毒やブラックユーモアといった評価のできる彼の笑いの質にも要因があるのだろうが、上岡の笑いが全世代に共通するものとは言いがたい。

一方で1981年から8年半に及ぶ期間、平均視聴率で17.8%という数字をたたき出した『オレたちひょうきん族』を見ていた大人はすでに年金を受け取る世代になっている。そしてその時代から常にテレビに出続けているさんまは今や全世代から認知される存在となった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 上岡龍太郎 島田紳助
上岡龍太郎のプロフィールを見る
メンズサイゾーの記事をもっと見る 2011年7月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「タモリ」のニュース

次に読みたい関連記事「タモリ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。