防止どころかいじめの口実を合法化か? ミシガン州で成立した「いじめ防止法」に異論反論続出

防止どころかいじめの口実を合法化か? ミシガン州で成立した「いじめ防止法」に異論反論続出
 アメリカ・ミシガン州で先日成立したある法律が、米国内外で波紋を呼んでいる。その法律は、「マット安全法」(Matt's Safe School Law・「マットの安全な学校法」)と呼ばれるもので、学校におけるいじめや嫌がらせなどの行為を禁止し、子供たちの生命や権利を保護する内容となっている。

 この法律の名は、2002年に度重なるいじめを苦に14歳で自殺した少年、マット・エプリング君に由来する。マット少年はゲイであることを理由に執拗ないじめを受け、それが原因で自ら命を絶った。この事件がきっかけとなり、「マット安全法」が成立の運びとなったという。

 しかし、その内容の一部に、次のような記述があるらしい。

"does not prohibit a statement of a sincerely held religious beliefs or moral convictions from being considered bullying"

 その意味としては、だいたい次のようなところであろう。「いじめ行為が誠実に申し立てられた宗教的な確信や道徳的な信念に基づくものである場合は、禁止することはない」

 つまり、この記述を見る限り、たとえそれがいじめであっても、宗教的な考えからのものであったり、道徳的な観点から行われていたりするようなケースは、禁止対象から除外される可能性があるというわけだ。

 さて、アメリカで影響力が最も強い宗教と言えば、いうまでもなくキリスト教であるが、その経典のひとつである『旧約聖書』では、同性愛について罪であると指摘する記述がいくつも認められる。具体的には、「創世記」19章や「レビ記」18章、「ローマ人への手紙」1章、「コリント人への手紙」6章、「テモテへの第一の手紙」1章などには、同性愛とくに男性同性愛について、罪または人としての道に背くものと表現されている。

あわせて読みたい

メンズサイゾーの記事をもっと見る 2011年11月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。