審査員のメンツに不満? 視聴者の意見とずれた「THE MANZAI 2011」

審査員のメンツに不満? 視聴者の意見とずれた「THE MANZAI 2011」
 17日、「2011年最も面白かった」漫才師を決める『THE MANZAI 2011』(フジテレビ系)の決勝大会が放送されパンクブーブーが優勝した。2009年には「M-1」を制しているパンブーの2人。今大会の予選から抜群の面白さを見せた彼らは、大会MCを務めたナインティナインから「大本命」の太鼓判を受けて決勝に望み見事優勝。前評判どおりともいえるこの結果だが、ネットを中心にささやかれているのは、「"のりピー"をネタにした2位のナイツのほうが面白かった」という審査への不満の声だ。

 「放送後、Yahoo!ニュースで行われた「『THE MANZAI 2011』で一番おもしろかったのは?」というアンケートでもナイツが35%(19日現在、42%)ともっとも多くの得票を集めていました。しかし、これは単にゴシップやタブーが好きな視聴者心理というものではないでしょうか。時事ネタとして新鮮なわけでもない"のりピー"という単語は、2年前のスキャンダル以降ほとんどテレビで触れられることもなく、いつの間にか放送禁止用語のような印象を持っていたということです。それを生放送で叫んだナイツに、視聴者は驚き、拍手を送ったのでしょう」(業界関係者)

 「テレビドラマが好き」という塙宣之の枕から始まり、土屋伸之のツッコミを無視してテンポのいいボケを連発させたナイツの漫才。あらゆる人が彼らの漫才を「手数が多い」と評する独特のスタイルをいかんなく発揮させた決勝の舞台で、塙は「のりピー」と叫び、「ヘロイン」という言葉を使った。フジテレビ系で放送された連続ドラマをネタにボケる塙が『ひとつ屋根の下』を口にしたとき、多くの視聴者には「酒井法子」が浮かんだはずだ。そしてそこには誰も触れないだろうと思ったに違いない。もしくは、少し遠まわしに触れるぐらいだろうと思っただろう。しかし、塙は「生放送なんで、ピー音いれますから」と振りを利かせ、「のりピー」と口走る。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. パンクブーブー ライブ
  2. パンクブーブー 漫才
メンズサイゾーの記事をもっと見る 2011年12月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「パンクブーブー + 漫才」のおすすめ記事

「パンクブーブー + 漫才」のおすすめ記事をもっと見る

「パンクブーブー + ライブ」のおすすめ記事

「パンクブーブー + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「千原せいじ」のニュース

次に読みたい関連記事「千原せいじ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら