「子どもを返せ!」トラブル続きの高岡早紀に元夫・保阪尚希が激怒!!
拡大する(全1枚)
 女性誌「週刊女性」(主婦と生活社)が、借金トラブルを抱えた内縁の夫・A氏(44)との事実婚を解消した高岡早紀(39)に新たなトラブルが発生していると報じた。

 今月2日、高岡の母親が代表を務める会社「バニラポット」が破産したが、同社は個人出資者から損害賠償請求を起こされており、そのトラブルにはA氏が深く関わっていた。高岡の母親は債権者に追われる日々を過ごし、複数の知人から数千万円の借金もしているA氏は雲隠れ中。高岡は「夫(A氏)に利用された」として、彼に三行半を突きつけた。

 この一連の騒動に、元夫・保阪尚希(44)が激怒しているというのだ。記事によると、保阪は「アイツに子どもたちは任せておけない。こうなったら、息子二人を取り戻す!」と息巻いているという。

 1996年に結婚して二児をもうけた二人は、2004年に高岡と布袋寅泰(50)の不倫が発覚した直後に離婚。慰謝料は発生せず、保阪が東京・港区に夫婦共同で建てた豪邸(土地・建物含め当時2億円)の所有権を全て譲渡し、親権は保阪にあるが高岡が養育者として息子たちを育てることになった。残ったローンの返済を引きうけた高岡は保阪に借金をしているらしく、分割で支払っていた。だが、高岡がA氏と交際を始めたころから支払いが滞るようになり、保阪が高岡の自宅を差し押さえる事態に発展した。

「高岡が保阪への支払いをやめたのは、A氏に指示されたことだったようです。それを耳に入れた保阪は、A氏に不信感を持っていた。そのため、高岡がA氏との間にできた娘を出産したばかりにもかかわらず、自宅の差し押さえに踏み切ったようです」(週刊誌記者)