【料理実験】ステーキ肉を超やわらかウマ~くするための研究【理系メシ】

【料理実験】ステーキ肉を超やわらかウマ~くするための研究【理系メシ】

やってまいりました、やわらか肉ステーキ選手権!

茉衣ちゃんは肉は好きですか?

「好きです! A5の飛騨牛か三田牛をレアで食べたいです!」

ぜ、ぜいたくだな。

今回はそういう、「お高いんでしょう?」な肉ではなく、庶民の味方、普通のスーパーでリーズナブルに買えるオーストラリア産ビーフだ!

【料理実験】ステーキ肉を超やわらかウマ~くするための研究【理系メシ】

「でかっ!」

でかいだろう。これで1,099円。

「安!」

ほぼ600グラムだからな。立ち食いステーキ食べてる場合じゃないぜ。オーストラリアの牛は、主に飼料として牧草を食べているそうなんだな。

でも、主に牧草を餌にしている牛の肉は硬くなりがちと言われているんだ。さらに臭みがあるとも言われている。そこで、でかいけど安いオーストラリア産の肉を、もっとおいしくいただきたい。それもできる限り低コストで!

そういうわけでエントリー1番、ジャガード!

【料理実験】ステーキ肉を超やわらかウマ~くするための研究【理系メシ】

「なんですか、これ?」

業界用語でジャガードという便利グッズだ。硬い肉は筋が多い。だから筋を切ってやればいい。これで押しつけると肉の筋を一気に切れる。

「おもしろ~い」

ブスブス、ブチブチと筋を切って、肉をやわらかくする。ジャガードは安いものだと1,000円ぐらいだから、ステーキ好きなら買っておくとお得だ。

続いてエントリー2番! マイタケ!

【料理実験】ステーキ肉を超やわらかウマ~くするための研究【理系メシ】

「ええっ? これでお肉がやわらかくなるんですか?」

そうなんです。テレビの某人気検証番組のHディレクター直伝のマイタケ酵素、リターンズ!

ヨーグルトに漬けるとか牛乳とか果物とか、いろいろとガッテンしてみた結果、マイタケがぶっちぎりで最強だった。マイタケの前ではライバルですらないから。タンパク質分解酵素マイタケプロテアーゼは、超絶レベルで肉を軟やわらかくする。


あわせて読みたい

気になるキーワード

メシ通の記事をもっと見る 2017年1月25日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「カレー」のニュース

次に読みたい関連記事「カレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「しゃぶしゃぶ」のニュース

次に読みたい関連記事「しゃぶしゃぶ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハンバーグ」のニュース

次に読みたい関連記事「ハンバーグ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。