洞窟風の店内で食す「クロマニョン」の創作ジビエコースは肉、肉、肉の供宴だった!【名古屋】

洞窟風の店内で食す「クロマニョン」の創作ジビエコースは肉、肉、肉の供宴だった!【名古屋】

血が騒ぐ! ド迫力のステーキ

シズル感たっぷりの肉を見たとき、多くの人は理屈抜きに「食いてぇ!」と思うだろう。これは狩猟民族としての、心の奥底からの魂の叫びなのだ。

お上品でオシャレなステーキやブランド牛を使った焼肉もイイが、骨付きのゴツイ肉にかぶりつくのが狩猟民族スタイルである。

そんな欲求を満たしてくれるのが、2016年9月、名古屋駅前にオープンした「NO MEET NO LIFE CRO-MAGNON(クロマニョン)」だ。

店内はクロマニョン人が遺したラスコー洞窟をイメージ。

洞窟風の店内で食す「クロマニョン」の創作ジビエコースは肉、肉、肉の供宴だった!【名古屋】

いたるところに壁画が描かれている。教科書にも出てきた「ラスコー洞窟の壁画」だ。

天井付近には猪と山羊の剥製が!

雰囲気も十分で狩猟民族の血が騒ぐ!

洞窟風の店内で食す「クロマニョン」の創作ジビエコースは肉、肉、肉の供宴だった!【名古屋】

オーナーの佐藤健一さんは語る。

ウチのウリは、はるか太古の昔、クロマニョン人が食べていたであろうゴツイ肉です。とはいえ、肉は厳選しています。スコットランドのアンガス州原産で、霜降りと赤身のバランスが絶妙なブラックアンガス牛がメインです。しかも、熟成させることで、やわらかさとうま味を増しています(オーナー・佐藤さん)


洞窟風の店内で食す「クロマニョン」の創作ジビエコースは肉、肉、肉の供宴だった!【名古屋】

熟成ブラックアンガス牛をいちばん美味しく食べられる方法として佐藤さんが選んだのは、900℃の高熱オーブンでの調理。肉そのもののうま味を封じ込めるべく一気に焼き上げるため、表面はカリッと香ばしく、中身はジューシーに仕上がるという。


CRO-MAGNON クロマニョン 名古屋駅前店


あわせて読みたい

気になるキーワード

メシ通の記事をもっと見る 2017年1月26日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「定食」のニュース

次に読みたい関連記事「定食」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ナムル」のニュース

次に読みたい関連記事「ナムル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「わさび」のニュース

次に読みたい関連記事「わさび」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。