【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

重い暗雲が立ち込め、ただならぬ予感をはらむ蛍池の街。

「中西怪奇菓子工房。」の明確な住所は非公開ですが、遠目には「ホーンテッドマンション」を思わせる、年季がかった雑居ビルの3階にあります。

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

非常階段をつたってしかたどり着けない、ビルのぎりっぎりはしっこにしつらえられた無記名のドア。予備知識がなければ、ここが奇奇怪怪な洋菓子の工房だとは誰も気がつかないはず。

この時点ですでにホラー菓子の製造所として最適な、うす気味悪いムードが漂っています。

怪奇菓子職人という特殊な職業

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

「中西怪奇菓子工房。」はドアを開けてすぐの場所にある、およそ8畳ほどのスペースにありました。

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

この方がダークサイド・パティシエールのナカニシア由ミさん(38歳)。

洋菓子工房を、たったひとりで切り盛りをしています。

工房へ足を踏み込むと、ひときわ目を引くのが「河童」のイラスト。

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

▲目玉が大好物な河童

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

▲ギフトに使えるその名も「怪奇ボックス」

子どもの頃からエイリアンや妖怪、未確認生物が好きでしたね。特に河童が好きで、お店のシンボルにもしました。(中西怪奇菓子工房。 ナカニシア由ミさん)


幼少期から河童や妖怪が好きだったという女性職人が生地をこねる洋菓子工房。こちらで生み出されるUMAいお菓子の数々は、すべてWeb限定販売。まれにあるフェスへの出展以外、ショップでは一切入手できないレアものばかりなのです。

それ以前に、そもそも「怪奇菓子の専門工房」ということ自体、知る限り、日本で比類なき存在ですよね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

メシ通の記事をもっと見る 2017年4月17日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「メニュー」のニュース

次に読みたい関連記事「メニュー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パンケーキ」のニュース

次に読みたい関連記事「パンケーキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「料理」のニュース

次に読みたい関連記事「料理」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。