【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

笑いながら指をもぎ取りにくる兄弟……いやすぎます!

バリバリかじって退治しなくては。

在米中ホラー映画にハマり……

このように一本のクッキーにさまざまな技巧を凝らした、ナカニシさんお手製の怪奇菓子。こんなに手が込んでいるのに、意外なことに「これまでパティスリーなどで働いた経験はまったくない」のだとか。

ナカニシさんはお隣の池田市出身。8歳のお子さんと暮らすシングルマザーで、この怪奇菓子一本で生計を立てています。

前職はトリマー。お子さんが犬猫アレルギーだったこともあり、ホテルに転職。2014年までフロントレディとして働いていました。

そんなナカニシさんがお菓子づくりを始めたきっかけは?

うちの子が4歳の頃、「お菓子を作ってあげたいな」と思ったのが始まりですね。最初は、アンパンマンのクッキーなど、よくあるかわいいお菓子を焼いていたんです。

私は親が共働きだったので、近所のおばあちゃんに育てられたんです。だから、お母さんに対する憧れが強かった。「大きくなったら子どもにお菓子を作って待っているようなお母さんになりたい」と夢見ていました。ある意味、いまその夢がかなったのかな。そうして子どもがおいしいと思ってくれるよう試行錯誤しているうちに技術が上達していったという感じです。


お子さんのために、愛らしくアットホームなお菓子を焼いていたナカニシママ。製菓スキルがプロのレベルに達した背景には、お子さんを喜ばせたいというやさしさがありました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

メシ通の記事をもっと見る 2017年4月17日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「かき氷」のニュース

次に読みたい関連記事「かき氷」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パンケーキ」のニュース

次に読みたい関連記事「パンケーキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メニュー」のニュース

次に読みたい関連記事「メニュー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。