【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

そんなやさしいママが、なにゆえにこのような残虐スプラッターな作風へと変貌したのでしょう。満月でもないのに豹変(ひょうへん)しすぎな気が……。

お菓子づくりを始めて半年たった頃からです。ありきたりなお菓子を作ることがあんまり楽しくなくて、それで「好きなホラーテイストなものを作ってみよう」と思ったんです。


なるほど。闇が電動ノコギリで切り裂かれるように、謎が解け始めました。

では、そもそもなぜホラーテイストがお好きなのですか?

私は短大卒業後の1999年から2005年までアメリカで働いていました。その頃、週末になると英会話の勉強のために、旧作を上映する料金が安い映画館に通っていたんです。そこでホラー映画にハマりました。『死霊のはらわた』や『エクソシスト』、『悪魔の毒毒モンスター』、大好き。「あ、今日はゾンビ映画気分の日やな」と思ったら、たて続けに3本も見たり。

ただ、邦画のサイコホラーのように精神的にクる怖さは苦手。「これもうコメディやん」っていうくらいドバッと派手にやっている洋画が好きで。ホラーなお菓子を作るようになったのも、怖がらせたいというより、笑ってもらおうと。


【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

▲「怖がらせたいというより、笑ってもらおうと」という本人の狙いどおり、ディスプレーで遊べたりして、だんだん面白くなってくるのがわかる

言われてみれば確かに、ナカニシさんが手がける怪奇菓子は、おどろおどろしいなかにもとぼけたユーモアが忍んでいるように感じます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

メシ通の記事をもっと見る 2017年4月17日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「メニュー」のニュース

次に読みたい関連記事「メニュー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「かき氷」のニュース

次に読みたい関連記事「かき氷」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「和菓子」のニュース

次に読みたい関連記事「和菓子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。