銘酒そろう「立ち呑み酒場 フルミチ」でツウを気取った“裏川崎せんべろ”デビュー

銘酒そろう「立ち呑み酒場 フルミチ」でツウを気取った“裏川崎せんべろ”デビュー

JRと京浜急行の川崎駅界隈に、ひしめくように軒を連ねる飲み屋さんの数々。趣き深い酒場もあれど、若さを自負する年代には足を踏み入れる勇気がなかなかもてないお店も多い。誰からともなく“裏川崎”と呼ぶようになったディープなエリアだけに、「俺、裏川崎でよく飲むんだぜ」なんて、ちょっとカッコつけて言ってもみたい。

そんなツウっぽさを演じてみたい若者諸君! 創業46年、50代以上の常連客が連日列をなす「元祖立ち飲み屋」の別館「立ち呑み酒場 フルミチ」で、まずは“裏川崎のイロハ”を身に着けてみてはいかがだろう?

幻の銘酒が破格で飲める!? 地酒のラインナップがスゴイ

銘酒そろう「立ち呑み酒場 フルミチ」でツウを気取った“裏川崎せんべろ”デビュー

▲どちらもいい雰囲気

両駅から徒歩5分足らずに位置する「立ち呑み酒場 フルミチ」は、隣り合う「元祖立ち飲み屋」の別館として5年前にオープン。

銘酒そろう「立ち呑み酒場 フルミチ」でツウを気取った“裏川崎せんべろ”デビュー

▲広々とした店内も、開店後はすぐにすし詰め状態になるほどの人気

「元祖」がひとり飲みを楽しむシルバーグレイ世代を中心に賑わいをみせるのに対し、同店は若者でもグループでも入りやすい雰囲気。ここなら臆することなく入れそう。

銘酒そろう「立ち呑み酒場 フルミチ」でツウを気取った“裏川崎せんべろ”デビュー

▲どれも美味しそうでなかなか決まらない

店内に入ってまず目につくのは、冷蔵庫にずらりと並べられた一升瓶。実は同店、地酒の品ぞろえが豊富なことでも知られている。常に20種以上の銘柄がそろい、春は生酒、秋の始まりはひやおろしなど、季節を感じる日本酒も顔をそろえる。

銘酒そろう「立ち呑み酒場 フルミチ」でツウを気取った“裏川崎せんべろ”デビュー

▲獺祭が1合なんと530円。田酒に至っては500円という最強コスパ


あわせて読みたい

メシ通の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュース

次に読みたい関連記事「居酒屋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビストロ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月15日のグルメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。