観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

こんにちは、ビールが飲めないメシ通レポーターの松永ですが、今日は京都駅前にある居酒屋取材に行ってみたいと思います。

張り紙ばっかりの謎めいたお店だそうですが……どんな所だろう。

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

場所は、京都駅からほど近く、七条新町の交差点のすぐ近くにそのお店はありました。

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

京都タワーの北側ですね。

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

路地の向こうに提灯の明かりが見えてきました。

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

入り口までくるとこんな感じです。

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

張り紙、手書きの筆文字がとてもいい具合の、なんとも「知る人ぞ知る」という感じを醸し出しています。

秀屋食堂を「ひでやん」と読ませるのは、ちょっと大阪っぽいというか、もしかしたらとても怖い偏屈なマスターがいたりするのかも。

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

直前になってビビってしまいつつ、恐る恐るドアに手をかけ……行ってみます!

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

なんといきなり階段でした。

まさかの階段。手前に存在感のある置物が置いてあります。桶でしょうか。なんでこんなところにあるんだ。

観光客には特に優しい!? 店主とほっこり話がはずむ路地奥のカウンター小料理店【秀屋食堂】

階段を上ってみると、 カウンターが出現。店内は小粋な小料理店といった感じです。

ちょっと怖そうなおじさまが……かと一瞬ひるむと、「あっ、いらっしゃい。どうぞ」ととても優しい声で出迎えてくれました。 この方が店主の秀やんさん。穏やかでとても優しい調子です。ホッとしました。

お名前をうかがうと、「秀やんでいいです」とのこと。本名が秀徳(ひでのり)なので、その一字を取って秀屋食堂という名前にしたのだとか。「屋」をやん、と読ませるのが、訛りのような、地元感があり馴染みやすくもありますね。


あわせて読みたい

メシ通の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「居酒屋 + 北海道」のおすすめ記事

「居酒屋 + 北海道」のおすすめ記事をもっと見る

「居酒屋 + 札幌」のおすすめ記事

「居酒屋 + 札幌」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「バー」のニュース

次に読みたい関連記事「バー」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月27日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. 居酒屋 北海道
  2. 居酒屋 札幌

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。