愛知県安城市が誇る、玉子ふわトロのソウルフード「北京飯」ってナンだ!?

愛知県安城市が誇る、玉子ふわトロのソウルフード「北京飯」ってナンだ!?

愛知県はローカルフードの宝庫であることは『メシ通』読者のみなさんもご存じだろう。名古屋市内を中心に食べられているものは「名古屋めし」として注目を集めるが、市外が発祥のローカルフードは県内に住む人でも知らないほどマイナーな存在なのだ。

思わぬミスが「北京飯」誕生のきっかけに

愛知県西三河地方にある安城市に「北京飯」なるご当地メシがある。地元では知らない人はいないほど有名だが、名古屋や尾張エリアではまったくの無名。私も名前を聞いたことがある程度で食べたことがなかった。

愛知県安城市が誇る、玉子ふわトロのソウルフード「北京飯」ってナンだ!?

「北京飯」の全貌については後からのお楽しみとして、発祥のお店は新幹線の三河安城駅近くにオープンし、今年で創業55年を迎える「中国料理 北京本店」。

愛知県安城市が誇る、玉子ふわトロのソウルフード「北京飯」ってナンだ!?

現在は三代目の店主、杉浦充俊さんが厨房で腕をふるう。

店名が「北京」だけに料理のジャンルは北京料理なのだろうか? だとすると「北京飯」も北京料理がベースなのか?

戦争に行っていた祖父が戦後、神奈川県川崎市で中華料理店を営んでいた兄弟のもとで働いていました。その店が「北京」という名前だったことから、同じ名前にしたそうです。(杉浦さん)


愛知県安城市が誇る、玉子ふわトロのソウルフード「北京飯」ってナンだ!?

7年ほど前にお店を改装して、外観も店内もレストランのような雰囲気だが、その前はどの町にもある大衆的な中華料理店だった。

「北京飯」が誕生したのは、開店してまだ間もない頃です。祖父がまかないで玉子料理を作ろうとしたところ、誤って別のタレを玉子の上にこぼしてしまいました。捨てるのももったいないと思い、食べてみたら美味しかったそうで、それが「北京飯」のヒントになったと聞いています。(杉浦さん)


あわせて読みたい

メシ通の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ソウルフード + 名古屋」のおすすめ記事

「ソウルフード + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

「ソウルフード + 映画」のおすすめ記事

「ソウルフード + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「B級グルメ」のニュース

次に読みたい関連記事「B級グルメ」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月6日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. ソウルフード 名古屋
  2. ソウルフード 映画

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。