異色のうどん店、下高井戸「JAZZ KEIRIN」は全国の競輪ファンが訪れる聖地だった

異色のうどん店、下高井戸「JAZZ KEIRIN」は全国の競輪ファンが訪れる聖地だった

都内、京王線の下高井戸駅徒歩2分の場所にある「JAZZ KEIRIN」は、都内でも珍しい「創作うどん」を出すお店だ。そして国内で他にないジャズ、競輪をテーマにしたお店である。

極めたのは、ここでしかない質と個性

店長の栂野(とがの)さんの好物である「ジャズ」「競輪」「うどん」を組み合わせたこのユニークな“3点盛り”のお店は、2003年の4月に開店して今年で丸13年。

うどん店を始める以前は海外放浪をしたあとに、タワシの輸入業で成功をしたという特殊な経歴の持ち主だ。

異色のうどん店、下高井戸「JAZZ KEIRIN」は全国の競輪ファンが訪れる聖地だった

タワシ屋さんに続いて、うどん店も成功した独立心のある栂野さん。そんな栂野さんに、お店の成り立ちから経営哲学についてを前衛的なジャズが流れる店内で、うどんをすすりながらご教授いただいた(ちなみに、ご本人は写真NGとのこと)。

異色のうどん店、下高井戸「JAZZ KEIRIN」は全国の競輪ファンが訪れる聖地だった

まずはお店の成り立ちを教えていただけますか?

元々やっていたタワシの輸入業が成功して、ある程度お金があってマイナスになる恐怖がなかったんです。開業のために借金をするのなら、もう少し商売になるものにしていたと思う。ダメだったらダメで、たとえ持ち金ゼロになってもこれまで培った貿易の実務でやり直せばいいわけだし。もうやりたいようにやろうと。テレビで競輪流して、好きなジャズ流して、メニューも競輪の色で9色揃えてやりたいようにやっちゃったら、なんとなくなんとかなったんです。(以下、すべて栂野さん)


異色のうどん店、下高井戸「JAZZ KEIRIN」は全国の競輪ファンが訪れる聖地だった

メニューは競輪の枠の色から取った9色の創作うどんが中心。店主が考案した独自の味付けのうどんは、グルメ雑誌で評価されるほどの逸品で、麺は茹でたて、揚げ物は揚げたてが基本だ。


あわせて読みたい

メシ通の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「うどん + レシピ」のおすすめ記事

「うどん + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「餃子」のニュース

次に読みたい関連記事「餃子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ラーメン」のニュース

次に読みたい関連記事「ラーメン」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月28日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. うどん レシピ

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。