東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

学食巡礼 第4回:東京農工大の学食、どちらを食すか

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

東京農工大学は農学部が府中市、工学部が小金井市にある国立大学である。

もともとは東京農林専門学校と東京繊維専門学校という二つの学校であったのだが、1949年(昭和24年)に統合されたのである。

そのような経緯もあって農学部と工学部のキャンパスが別れているので、学食もそれぞれに設けられている。学食巡礼者としては悩ましいところである。

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

こちらは農学部キャンパス。驚くほど広大な敷地には講堂や研究棟、温室や耕地・農地・牧場が収まっている。お馬さんもいる。

直売所「農工夢市場」は花盛り

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

南門を入ってすぐにあるのが農産物直売所「農工夢市場」である。

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

野菜や加工品などすべての販売品は実習の産物だ。

見給え、このフレッシュな野菜の数々。

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

もちろん季節によって種類は変わるのだが、野菜が多く採れる夏は開店前からものすごい行列ができるという。この日も近所の人たちがつめかけており、入場規制がかかっていた。

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

里芋やサニーレタスなどの季節の野菜が多く並んでいたが、ひとつ紹介しておきたいのはのらぼう菜(150円)である。主に東京都西部で多く栽培されるアブラナ科の葉野菜で、すこしエグみのあるところが春らしい。

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

こんなでっかい大根も150円という値段で買えるのが人気の秘密である。葉っぱ付きである。

野菜だけではなく、加工品も見どころだ。

大学で加工した味噌、ジャム、そしてカ◯◯◯

東京農工大「農学部のオリジナル焼酎」と「工学部のメロンパン」【学食巡礼】

味噌は2種類。エンレイ大豆の田舎味噌と津久井農場で取れた大豆の味噌。後者は大豆に甘みがあるとのこと。大豆の生産も味噌への加工も大学内でやっている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

メシ通の記事をもっと見る 2016年6月20日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アイスクリーム」のニュース

次に読みたい関連記事「アイスクリーム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鍋」のニュース

次に読みたい関連記事「鍋」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「シチュー」のニュース

次に読みたい関連記事「シチュー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。