駅前留学を決意した熊田曜子が「育児放棄」と誹謗中傷される異常

駅前留学を決意した熊田曜子が「育児放棄」と誹謗中傷される異常

 タレント・熊田曜子(34)が3月6日に更新したブログ記事が物議をかもしている。

 熊田は2012年に結婚した一般男性との間に長女(4)と次女(1)をもうけ、長女は幼稚園に通っている。この日更新された記事「お勉強」では、長女の幼稚園の面談に行ってきたことを綴り、自分の子育てを振り返りつつ「娘達は日々たくさんの事を吸収して成長しています。私も少しは成長したいので子供達を母にお願いしてこれから駅前留学NOVAに行ってきます」と、駅前留学について触れたのち「頑張るぞ!っとブログを作っていたら電車を乗り間違えました。しかも2回も。東京の乗り換えは難しいです。私は全く成長しません」と娘たちの成長にかけてオチもつけ締めていた。うんうん、いくつになってもスキルアップはプラスになるよね……と思いきや、ネットでの反応がえらいことになっている。

 まず2ちゃんねるでは、

「子供の成長に親がついて見守ろうなんて考えもしないゴミクズ」

「子どもじゃなくてオカンが英会話通うのかよw」

「育児放棄w」

「ペットと同じ扱いだな」

「語学を身につけた先に何かなりたいものややりたいことはあるのか 1歳児いたら普通は育児中心の生活になるもんだと思うけど」

と、熊田の駅前留学を非難するコメントが相次ぐ。熊田のブログ内容をニュース仕立てにした記事についたヤフコメでも、

「ダメとは言わないけど、普通は自分じゃなく子供をそのスクールに入れるんじゃないかなあ」

「成長や自己研鑽は結構だと思いますが、子供の年齢を考えると優先順位を違えているとしか思えません」

「やっぱり見た目と同じで中身がないんだね。成長するというのは子供を置いてまで行く語学学校のことではないのでは? 子供とずっと一緒にいたって成長できることはあるのでは」

「語学学校だけじゃなく、エステやヨガにずっと子供をお母さんに預けっぱなしにしてるんだろうなぁ」

「そういう自分が自分がというところが母親として少しも成長していない」

と、こちらでも同じような意見が並びまくり、コメント数は500を超えている。

 このように批判している者たちは熊田のブログを読んでいるのだろうか? イメージ先行で物を言っているようだが、実は、熊田のブログはちゃんとしている。改行はあるけれども芸能人ブログの王道とも少し違い、文章がやや長く、意外と読ませる。食事の写真もかっこつけたオシャレ感は皆無でザ・実家という趣。たぶん筆者が今、熊田の第二子と同じくらいの月齢の子を持っていたら、絶対に熊田のブログを毎日チェックすると思う。日々の子育てで思ったことや長女、次女との小さな出来事が綴られていて、同じく子育て中の親が共感できる記事がすごく多い。2児の子育て中の食事なんて適当になることもあるのに、こんなに手作りして……むしろ頑張りすぎてるんじゃないか? と思うほどであるし、その上で駅前留学しているとなれば、より一層そう思ってしまう。

 であるにも関わらず、コメント主の多くはそれを知らないのか、「セクシーボディしかウリがないタレント」かのように熊田を決め付け、適当なことを言っている。

 そもそも、小さな子を持つ女性が勉強をして何が悪いのだろう。筆者にはまったく分からないが、コメントの内容をよく見てみると、その批判は「自分の勉強のために子を余所に預けること」に集まっているようで、それをもって「育児放棄」と言っているようだ。すごいことである。となれば、保育園に子を通わせることも育児放棄とみなされるのだろう。実際に先週の記事でも『子を産んだ女性は家庭に入れ』というネット上の圧力について綴ったが、やはり、実数は不明ながら、一部には「子を産むのなら女性は家庭と育児に専念せよ、自分の時間は持ってはならない」という考え方に支配された人間が生息しているようだ。そしてネット上で活発にその意見を投稿し、ママタレントらを中傷する。

 夫婦で産んだ子であるのに、女性だけが育児と家事を担うべきという考え方がなぜ払拭できないのだろう? 夫婦ふたりとも働いているのであれば協力しあって当然ではないか? また、子供がいるからスキルアップはNGという考え方も、意味不明である。その理由が「母親は四六時中、子供と一緒にいるべき」というものであるなら、いつまでそうすべきなのか、なぜそうすることが重要なのか、きちんと根拠を示し説明することができるのだろうか。女性は物理的にどうしても出産で一旦キャリアの中断を余儀なくされる。どんなに短くても数カ月はかかるものだ。中断により失った時間を取り戻すために、また心機一転新たな仕事を得るために、<自分のための努力>をすることは何も悪いことではない。自己犠牲は決して美徳ではない。

 と、なんだかんだ言ってみたものの、こういったコメント主の中には、子を預けて自分のスキルアップに励むことができる熊田に嫉妬している人もいるのかもしれない。周囲から孤立し、ひとりきりでの密室育児で身動きとれなくなっている母親からしてみれば、熊田の行動が贅沢で不真面目で享楽的に映る可能性もある。

 だが熊田だって今が正念場だ。ほしのあき小森純と並び、ペニオク騒動から浮上できない三大巨頭のひとりとして名を連ねる熊田が、この先また芸能界で大活躍……というコースは相当厳しいだろう。熊田ももちろんそれを分かっているだろうし、だからこそ別の可能性を探るための駅前留学なのではないか。がんばれ熊田曜子!

(ブログウォッチャー京子)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 熊田曜子 Instagram
  2. 熊田曜子 グラビア
  3. 熊田曜子 ブログ
熊田曜子のプロフィールを見る
messyの記事をもっと見る 2017年3月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「熊田曜子 + Instagram」のおすすめ記事

「熊田曜子 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「熊田曜子 + グラビア」のおすすめ記事

「熊田曜子 + グラビア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木奈々」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木奈々」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。