嵐・櫻井が政治家転身説を真っ向否定! 「嵐でいる以上にやれることなんてない」…その本音は?

嵐・櫻井が政治家転身説を真っ向否定! 「嵐でいる以上にやれることなんてない」…その本音は?

 ジャニーズグループ櫻井翔が、10月4日に発売された『日経エンタテインメント!』(日経BP社)11月増刊号の表紙を飾った。「10年前の僕と10年後の僕へ」というテーマのもとで、嵐のライブや10月26日に発売されるニューアルバム『Are You Happy?』について語るとともに、政治についても自身の考えを告白している。

 今回のインタビューでは、櫻井がキャスターを務める『NEWS ZERO』(日本テレビ系)が今年で番組10周年を迎えたというところに大きくスポットを当てている。慶応義塾大学経済学部を2004年に卒業し、2年後の2006年から当時新しくスタートした『NEWS ZERO』のキャスターに就任。今でこそV6井ノ原快彦が『あさイチ』(NHK)、NEWS・小山慶一郎が『news every.』(日本テレビ系)など情報番組で活躍しているが、櫻井はその先駆者といえるだろう。当時はアイドルが情報番組のレギュラーになること自体が珍しく、キャスターとしての櫻井に否定的な見方も強かった。しかし番組が始まってからは、徐々にそのような声も止んだ。戦争問題や税問題などに真剣に取り組み、特に選挙問題については小泉進次郎などの候補者に直接インタビューを行うなど積極的な姿勢を見せることで、アイドルながらキャスター業と両立する道を切り拓いてきたのだ。

 そんな櫻井は、キャスターという立場から「政治家とは、政治家になりたい人がなるものではなくて、やりたいことがある人がなるべきだと思う」と真っ当なコメント。櫻井自身はどうなのかというと、「もし僕にやりたいことが明確にあって、かつそれが政治の世界でしかできないことならば、そういう道も考えると思いますよ」と口を割った。父親は総務省トップの元官僚で、この夏の東京都知事選に出馬の要請もあったほどの人物であり、政界に進出しようと思えば当選確実とみられる状況が整っている櫻井。しかしながら、続けて「ただ、僕のやりたいことは、むしろ嵐という立場でいたほうが実現性高いんですよね」「今の嵐でいる以上に、やれることがたくさんある世界なんてないんじゃないかな」と、嵐としての活動を続けていくことを明言し、かねてから水面下でされる“政治家転身”の目論見をきっぱり否定したのだった。

 確かに「嵐としての活動」が社会にもたらす恩恵は、経済的にも非常に大きい。地方開催のコンサートでは、ライブ会場周辺の宿泊施設が瞬く間に埋まり、ファンが押し寄せるのだ。事務所所属のタレントという立場であるゆえ発言力は微妙であるものの、メディアでの影響力も強いことは間違いない。

 ただ引っかかるのは、“政治の世界でしかできないことならば、そういう道も考える”という言葉。30代の今はまだ、嵐としての活動に注力する時期と判断しているものの、この先彼らも40代、50代と年齢を重ねていき、結婚などライフステージの変化もあるだろう。先輩である“国民的アイドルグループ”SMAPは年内解散となったが、嵐にもいつかその日が訪れる可能性は否定できない。櫻井がどのようなライフプランを設計しているのか、その胸のうちはファンにも当然わからない。この先どのような決断に直面したとしても、ただエールを送るのみだ。

(ゼップ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

messyの記事をもっと見る 2016年10月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Hey!Say!JUMP」のニュース

次に読みたい関連記事「Hey!Say!JUMP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュース

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「KAT-TUN」のニュース

次に読みたい関連記事「KAT-TUN」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。