梅宮アンナ&神田うの、確執は嘘? おそろしくどうでもいい和解騒動の裏に隠された思惑

梅宮アンナ&神田うの、確執は嘘? おそろしくどうでもいい和解騒動の裏に隠された思惑

  11月7日放送の『7時にあいましょう』(TBS系)に出演したタレントの梅宮アンナ(44)が、神田うの(41)との共演をNGにしていたことを明かした。アンナ曰く、きっかけは2003年正月放送の『新春かくし芸大会』(フジテレビ系)での出来事だったという。うのとアンナがかくし芸に……? 振り返れば確かに出ていた。同年1月1日、みのもんた八木亜希子司会の同番組で彼女たちは東軍に配され、吉沢悠、藤原喜明、杉崎政宏を含む5人で殺陣100人斬りに挑戦したのだった。ちなみにDA PUMP、花田勝デヴィ夫人、さまぁ~ずらによる中国語劇「ナースのお仕事」とか、奈美悦子や氷川きよしの逆回転ミュージカルといった演目もあった。

 当時はモデル同士で仲の良かったアンナとうの。13年前というとすでにアンナは一女を産み初婚の相手と離婚協議中だが、うのはまだ独身20代だ。年齢も芸歴もアンナのほうが少し上だし、なによりアンナの親父は天下の梅宮辰夫であるが、しかし、アンナはうのを恐れるようになったのだという。殺陣100人斬り挑戦でアンナがミスを連発したことから撮影は18時間に及び、しかも、そんなに時間をかけて撮影したにもかかわらず審査員からの点数が伸びなかったことに激怒したうのが、楽屋にスタッフを呼んで怒鳴りつける姿を見たからだ。アンナは「スタッフに怒っているふりをして、私に怒ってるんだ」と思い、それ以降、うのを避けるようになったのだという。アンナ、いつも思うけどアンタって本当に気の弱い女だな~。

 番組には、うのも登場。「実は忘れていて」と、13年前のかくし芸大会のことなどどうでもいい様子のうの(そりゃそうだろう)、当時スタッフを怒鳴りつけた理由として「あんなに私たちが頑張ったのに点数が低くて、審査員に怒ってた」からだと説明した。再びちなみに、この時の審査員は植木等、橋田壽賀子、宮本恒靖、高島礼子、道場六三郎という顔ぶれだ。「私、アンナちゃんに怒ってたら言ってるもん」と正直アピールをするうの。「何か言ったらもっとはね返ってくると思った」から何も言えずにいたというアンナだったが、最後はうのと握手&ハグで和解……という顛末が放送された。13年間の共演NG期間が終わった瞬間だった。

 このふたりの“雪解け”事件、スポーツ各紙がなぜだかほぼリアルタイムでこぞって報じている。多くが「共演NG神田うのと13年ぶり和解」といったタイトルで、長期間の確執を匂わせるもの。また日刊スポーツは「13年ぶりの対面」と共演NG期間ずっと2人が会っていないかのように報じ、サンスポは「5年ぶりに対面」と、いったいどれくらい2人が対面していないのかよく分からない。このように各紙のアンナ&うの和解騒動は加熱するあまり情報が錯綜していたのだが、悲しいかなネットでは「どうでもよすぎ」「クソどうでもいい」と、どうでもよすぎるニュースであるがゆえに、逆に話題となるような現象が起こっていた。しかし無敵のフリーダムタレント・UNOの動向を追い続けるmessyとしては、この和解騒動をスルーすることはできない。世間の誰も注目していないこの2人の共演NGからの和解騒動、もう少し掘り下げてみたい。

 2人は何年前から会っていなかったのか? “○年ぶりの再会”など煽られているが、なんのことはない。今年4月に開催された「桜を見る会」で一緒になった2人は、写真も撮っている 。再会という意味では7カ月ぶりだった。2009年の神戸コレクションで「久しぶりに再会しましたよ」とツーショット写真をアップしているが、確かにアンナが能面のような無表情っぷりを見せており、この顔がモデルモードになっているせいなのか、アンナ側が持っていた“わだかまり”のせいなのか、今見ると、色々と深読みできる写真である。2012年には「バッタリ会った梅宮アンナちゃんを樫木先生のスタジオにお連れしてそのまま一緒にトレーニングしてきました」と綴られている。結果、仲は良くもなく、悪くもなく……という印象しか抱けなかった。

 うのが「かくし芸激怒事件」のことを、TBSの番組収録当時「忘れていた」というのは、本当なのかもしれない。一方、アンナのブログには、なんと、うのの名前が一度も出て来ない。が、桜を見る会の写真はアップされていた。やはり、アンナ側が主にうのの怒りを先読みしてビクビク怯えていたような気配を感じさせる。

 ただ、放送でうのは、スタッフを怒鳴りつけていたのは“審査員に怒っていたから”であると説明し、もしアンナに怒っていたのであれば直接伝えているはずだと主張したが、これには疑問が残る。竹を割ったようなサバサバした性格であるかのような発言にも見受けられるが、審査員に怒っていたのにスタッフを怒鳴りつけているのであるから「えっ、いま、怒っていたら直接伝えるって言ってなかったっけ……」である。まぁ当時はアンナに立腹していた可能性もあるだろう。だがそれを『忘れた』ことにしたうのは、アンナよりも一枚上手感が漂った。

 というかそもそも、恐ろしく注目度の低いこの“和解”をほぼリアルタイムor放送直後に各スポーツ紙が足並み揃えて報じたのは、どう見ても不自然である。うのかアンナいずれかの、もしくは両方の意向が働いていたのではないかという勘ぐりも生まれて当然だ。『ノンストップ!』(フジテレビ系)のレギュラーを9月に降板したUNOか、それとも、実父・梅宮辰夫(78)が十二指腸がんを患い7月に手術していたことを報じた「週刊新潮」(新潮社)の発売日前日に記者会見を行い、スクープ潰しと自身のメディア露出を図ったアンナか……? ただし、冷静に考えて、UNOは実業家として十分な成功を収めていること、アンナよりはメディア露出が続いていること、また降板が娘のお受験のためだという週刊誌報道が真実だとすれば、とくにいま、このネタでテレビ出演する理由もメリットもない。この和解はアンナが自身の話題作りのためにUNOを担ぎ出した可能性が高そうだ。もしくは本当はアンナのわだかまりではなく実際に2人に確執があり、アンナが今後芸能活動をしていくうえでそれを解決させておくことが必要だと感じたのか……。かつて連日のようにワイドショーを賑わせた2人だからこそ、今さらあらゆる視聴者にとってどうでもいい話であるとわかっていながら、この和解騒動の本当の意味や目的をつい考えてしまうのであった。

(ブログウォッチャー京子)

あわせて読みたい

気になるキーワード

messyの記事をもっと見る 2016年11月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中川翔子」のニュース

次に読みたい関連記事「中川翔子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。