5年後には30兆円の市場規模!「医療ツーリズム」を日本がリードする可能性
拡大する(全3枚)
外国人患者を受け入れた病院の割合

観光事業の柱として推進される医療ツーリズム

鹿児島と東京の病院が連携して医療ツーリズムを推進

治療と観光を兼ねた「医療ツーリズム」が今注目を浴びています。

鹿児島県指宿市にある医療法人明正会は、都内の形成外科や大学病院と連携し、都市部の患者を受け入れて手術やリハビリテーションを提供する事業を2017年から行っています。

指宿市は1950年代にリゾート地として発展した経緯があり、近隣にある観光資源とも連携して、地域活性化も目指しています。

鹿児島空港に看板広告を設置して同法人の取り組みをPRし、今後は空港からの送迎車も完備する予定です。

医療と観光をセットにした医療ツーリズムは、都市部の病床不足を補い、人口減少で衰退する地方部を盛り上げる一挙両得の取り組みだといえるでしょう。

コロナ禍前から観光事業の一環として推進

医療ツーリズムは、主に日本国内にある医療施設で外国人を受け入れる事業として、政府を中心に進められてきました。

2009年に「メディカルツーリズム」として新成長戦略のひとつとして盛り込まれ、2012年の観光立国推進基本計画でも重要戦略の一つに位置付けられました。

その取り組みは今も続けられており、2019年時の外国人患者の受け入れ実績は53%に上っています。

5年後には30兆円の市場規模!「医療ツーリズム」を日本がリー...の画像はこちら >>
出典:『令和元年度医療機関における外国人患者の受入に係る実態調査結果』(厚生労働省)を基に作成 2022年04月25日更新

医療ツーリズム市場をリードするアジア諸国


この記事の画像

「5年後には30兆円の市場規模!「医療ツーリズム」を日本がリードする可能性」の画像1 「5年後には30兆円の市場規模!「医療ツーリズム」を日本がリードする可能性」の画像2 「5年後には30兆円の市場規模!「医療ツーリズム」を日本がリードする可能性」の画像3