業務スーパーの50本焼き鳥『もも串』は味付け自由度の高いコスパフード

業務スーパーの50本焼き鳥『もも串』は味付け自由度の高いコスパフード

業務スーパーの冷凍食品で『もも串』という商品はご存知でしょうか。

鶏もも肉の焼き鳥が50本、グラム数にして1.1kgも詰まった大容量おつまみです。わりと脂っこさを控えて、さっぱりした鶏の旨味でまとめたシンプルな一品。ちょっと物足りなさも感じますが、アレンジ自由度を重視するなら、業スー焼き鳥の中でも手堅い選択肢ではないかと。


業務スーパー|もも串|1,166円

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、1,166円(税込、税抜1,080円)で販売中。内容量は1.1kg、本数にして50本のもも串が詰まっています。1本当たり約23円の計算ですね。スチーム加熱済みなので、レンジ解凍でも問題なし。フライパンで焼き目をつけながらタレなどの味付けを加えてもOKです。

味付けはうっすら醬油を感じる程度。そのままでは淡白なので、味を足す前提のもも串です。といっても、もも肉特有の旨味とトロリとした口当たりは十二分なクオリティ。塩胡椒を振るだけで優秀なビールのお供になってくれます。クドくない程度に脂の旨味も立ち、あくまでさっぱり系の風味ながら、バランスの良い味わい。同価格の『ねぎ間串』(1.1kg・1,166円)や『鶏つくね串』(1.1kg・1,166円)に比べて、シンプルすぎるきらいはあるものの、好みの具材を一緒に刺したり、串から抜いて親子丼などにアレンジする用途にも便利な一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • タレの付いていない、標準的なサイズの鶏もも串が50本詰まった冷凍焼き鳥パック
  • 臭みの無いさっぱりした風味とジューシーな肉質で、軽い味付けだけでも美味しく仕上がる
  • 若干インパクトに欠ける味ながら、品質と使い勝手は申し分なく、無難にチョイスしやすい
  • クオリティはほぼ横並びだけど、タレ付きの手軽さを重視するなら『炭火焼とり もも串』(1,35kg・1,490円)、食べごたえを重視するなら『ジャンボ炭火焼鶏もも串』(1kg・1,074円)もおすすめ

あわせて読みたい

mitokの記事をもっと見る 2019年10月14日のライフスタイル記事
「業務スーパーの50本焼き鳥『もも串』は味付け自由度の高いコスパフード」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    近所のスーパーに売ってればいいんですけどね。見たことないです。

    0
  • 匿名さん 通報

    宣伝お疲れさん。素人じゃプロには勝てんよ。冷凍食品など体に悪くて食えるか。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら