業務スーパーにあるメシ友『ちりめん』は使い道の多いベンリ食材

業務スーパーにあるメシ友『ちりめん』は使い道の多いベンリ食材

業務スーパーで販売されている『ちりめん』をご存知でしょうか。

いわしの稚魚を塩茹でして乾燥させた、オーソドックスなちりめんじゃこです。食感はちょい柔らかめながら、たっぷりボリュームが魅力的。ちょうどよい塩気で使いやすく、佃煮や炒め物などのメニューに便利なおかず食材ですよ。


木村海産|ちりめん|537円

業務スーパーの冷凍食品コーナーでは、537円(税込、税抜498円)で販売中です。内容量は250g。100g当たり214.8円の計算になります。グラム単価で見れば、一般スーパーの生鮮品よりも手頃な価格帯ですね。ちなみに原材料産地は中国で、香川県の海産物輸入会社・木村海産が加工している商品です。

解凍方法は冷蔵庫に1~2時間ほど置くだけ。そのまま各種お料理に使えます。ただし、白米に乗せて食べる場合、解凍直後は若干の水気を含んでしっとりしているので、レンジかフライパンで軽く加熱してから使うのがおすすめ。余計な水分が飛んで、ふっくらと柔らかな口当たりに戻ります(佃煮や炒め物などでどのみち加熱する場合は、そのまま使って問題なし)。

ふんわり軽めの口当たりで、歯ごたえはちょい弱め。一匹ずつのサイズも比較的小さめで、食感的にはまあまあといったところでしょうか。一方、じゃこ特有の旨味は優しくも味わい深く、下味の食塩も程よい強さで、味付けを加えずともご飯がすすむ感じ。ピーマン炒めなどのシンプルなレシピでも十分おいしく仕上がります。風味自体は国産品にも見劣りしませんし、コスパ重視でじゃこを確保したい時には優秀な選択肢ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 中国産のしらすを加工した、シンプルな冷凍ちりめんじゃこ
  • ちょうどよい塩味で旨味を引き立てたおいしさで、味や香りに気になる部分は特になし
  • ちりめんじゃこというよりは釜揚げしらす的な柔らかさで、硬めの食感が好みだとイマイチかも
  • そこそこのクオリティながら、コスパと活用度を重視するなら、問題なくチョイスしてOK

あわせて読みたい

mitokの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。